女性冷遇の事例一覧

■就職・給与
https://twitter.com/pi__sunu/status/1180677660516601856
私 前の会社で女性だからって理由で男性より基本給5万低かったからね。私は短大卒だけど、男性は中卒の人もいた。その人より女性だからで強制的に−5万。もう学歴も能力もあったもんじゃねえよ。どの口で「女性も男性並みに努力すべき」とか言ってんだよな。RT
11:54 - 2019年10月6日


男性に「ゲタをはかせていた」無意識の偏見の正体 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) https://forbesjapan.com/articles/detail/22304?n=1&e=17905
1970年代に「男性比率95%」という超男性社会の業界だった米国のオーケストラが変革を起こした。楽団員の採用方法を変えたのだ。

音大を卒業する女性は多いにもかかわらず、楽団員はほぼ男性。その状況に問題意識を持った楽団が試したことはブラインド・オーディションだった。

オーディションを行う前、演奏者と審査委員の間にスクリーンを置き、ジェンダーをわからなくしたのだ。演奏者が見えなければ、審査員は音だけで評価することになる。そもそも演奏家が評価されるべきことは音だけなので、このやり方はベストな演奏者を見極める手法として理に叶っている。

その結果、男女の合格率はどうなっただろうか。

1. 今までと同じ
2. 男性の合格率が高くなった
3. 女性の合格率が高くなった

答えは3。女性の合格率がなんと50%も上がったのだ。1970年に5%だった米国オーケストラの女性比率はその後確実に増え続け、現在40%となっている。


https://twitter.com/mjst00/status/1139507507120885760
社会学で、公務員試験を試験の点数だけでで合格させると7割が女性になるから、面接して男を採用してるってきいて、知ってた!!頑張っても女ってだけで阻まれて、男ってだけで合格できちゃうくそシステム!!!って思った。生まれつきの性別で就活ハードモードにされんのまじクソゲーなんだが
21:18 - 2019年6月14日
https://twitter.com/onosatori/status/1024853584809062401
東京医大が炎上してるけど、図書館司書の世界ではまた別の形の差別があって。司書採用試験は女性受験者がほとんどな分、「男女均等」を名目に男性受験者がゲタ履かせてもらえるのよ。採用後の昇進ルートも男性優先で、女性は産休育休取るから、同期採用でも昇進に5年以上開きがあるなんて珍しくない。
12:05 - 2018年8月2日
https://twitter.com/Ruisogetsu/status/1024785699751387137
2011年頃から始まったとあって、2011年に何があったと思ったら、前年の2010年に女子の合格率が男子を上回っているのどすな。私の前前職場の人事の男が言ってた事を思い出しました。「試験の結果だけで採用したら殆ど女子になっちゃうんですよ。」
7:35 - 2018年8月2日
https://twitter.com/kado_kado_ginza/status/1024795448509251584
企業も同じようなもの。某一部上場企業の役員が『テストの点数だけで合否決めちゃうと女ばかりになる』と言ってましたね。もう、何十年も前の話だけど。
8:14 - 2018年8月2日
https://twitter.com/aritayoshifu/status/1024968907000410113
東京医科大 女子受験者の点数を一律10%以上減点の年も | NHKニュース https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180802/k10011560911000.html … これ、おそらく根が深く、大手新聞社でも、男性を成績のいい女性より上に上げて採用していたと聞いています。1990年ごろです。記者の男女比率の問題だと言っていました。
19:43 - 2018年8月2日
https://twitter.com/makotopic/status/1024873539449511936
東京医科大学が女子の合格点を減点して男女比を調整していたことが問題になってるけど、我が業界でも「入社試験で優秀な順に人材を採っていくと女子ばかりになってしまうので、男女比を調整している」という話を聞いたことがあるので、これって大学受験に限らず割と根が深い問題だと思う。
13:24 - 2018年8月2日




■高校
https://twitter.com/kanata_ayatsuzi/status/1024972244533927936
高校も女子一律点下げるのは学校によってはあると思う。僕は高校進学時に、女子だから男子より510点は点を取らないと、引き下げ分の元が取れないから受からない、内申も男子より女子の評価が低くつくから、とアドバイスされた経験があるので。
19:56 - 2018年8月2日
https://twitter.com/kanata_ayatsuzi/status/1030860303225909248
#九州の男尊女卑

中学時代、学年一位の成績をとり続けていたら教師に呼び出されて一言。

「男子のためにもそろそろ手を抜いてあげてほしい」
1:53 - 2018年8月19日


https://twitter.com/emanatio999/status/1024810886186164224
たしか90年代までの青森県の県立高校入試は公式に男女差をつけてたのだけど誰も言及しないよね。青森高校は、500点満点中男子の合格最低点が400点、女子は450点くらいだったし、合格者数も男女で3:1だった。公式に高校入試に男女差があるのは静岡県青森県だけだってニュースにもなったはず。
9:15 - 2018年8月2日
https://twitter.com/emanatio999/status/1024817400179384320
男子に下駄を履かせた県立高校の校内テストの結果は毎回、3年間上位100人中の90人が女子だったけどな。
9:41 - 2018年8月2日


https://twitter.com/sayakaiurani/status/1025228072084107264
理系ど真ん中高校でクラスに女子1桁とかしかいない中にいた時、先生達からは「君達は選ばれた」「男性寄りの脳みそ」「普通の女性とは異なって論理的思考ができる」とかさも褒めているような差別と偏見発言の中に晒されていた。もちろんそれを誇りに思う女子もいたけど、次年度
12:53 - 2018年8月3日
https://twitter.com/sayakaiurani/status/1025228990678622210
下学年にいっぱい女子生徒が入学してきた時に「あーあいつらうちらの学年の女子の少なさ焦って入試コントロールしたな。」「うちらの学年の前が女子少し多かったからうちらの学年コントロール入ったんよね?今年も失敗してんなこれ。」って皆で言ってた。先生達も普通に「今回調整できてないね笑」って
12:56 - 2018年8月3日


https://twitter.com/konahiyo/status/1024875029903753216
早稲田実業が共学の中高一貫校を開設しながら、女子の定員が男子の半数以下である理由として、女子のほうが早熟なので小6では男子が不利である、女子が強くて男子が萎縮する、男子は高校になるとグンと伸びる、と説明会で言い放ったのは忘れない。世界に羽ばたく人材育成という目標とどう整合するんだ
13:30 - 2018年8月2日
中等部|入試情報|早稲田実業学校 http://www.wasedajg.ed.jp/admission/exam_s.html
2018年度 入試最高点・合格者最低点など
合格者最低点 男子168 女子181


東京医大だけではない。女子中学生も入試で不当に落とされているー都立高校の入試の話(千田有紀) - 個人 - Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/sendayuki/20180803-00091738/
しかし、女性がテストで優秀な点をとっても入学が許可されないことは、大学入試だけではない。

実は都立高校の入試もそうである。

女子学生は男子の合格者よりも高い点数を取っていても、不合格になっているのである。その理由は、男女別募集定員の存在である。


宮崎の中高一貫校、高得点の女子49人不合格…19年度も男女差維持 : 最新ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINEhttps://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20181129-OYS1T50013.html
2018年11月29日
 宮崎県五ヶ瀬町にある全寮制の中高一貫校・県立五ヶ瀬中等教育学校が募集要項に記載せず、男女別に事実上の定員を設けていた問題で、県教委は28日、合格した男子より高得点で不合格になった女子が5年間で計49人に上ることを明らかにした。追加合格の措置は取らない。

 県教委によると、同校は寮の収容人数に男女差があったため、約20年間にわたりほぼ毎年、1学年の定員40人に対し、男子22人、女子18人を入学させていた。記録が残る2014~18年度の5年間で、男子の合格最低点を上回った女子計49人が不合格になった。多い年度では19人にも上った。

 県教委は、寮の改修が間に合わないため、19年度も男女差は維持する方針という。




■大学
https://twitter.com/chutoislam/status/1025591457380352000
「試験の点数だけならエリート校はアジア系ばかりになる」というのは英米の常識で、バッサバッサ切り捨てるのも常態化していましたね。それを問題にする政治的な力が弱いので、当たり前のように水面下で言われていながら最近まで問題化されていませんでしたが。政治化しない社会文化的背景がある。
@sr223twit_ter
まぁ、英国の何処かの学校では「アジア人は大概テストの点数が高過ぎるんで、中国人は得点から50点引き、インド人は30点引き。カリブ海系は逆に低すぎるから加算」とかいう事もしてるて聞いた事あるけど、理由が理由なだけに東京医大の女子減点の件より酷い気がする。
12:57 - 2018年8月4日


https://twitter.com/roy_trans/status/1025177510625964032
出張中。移動してますが暑い。
東京医大の不正が世界中に回ってますが、昔は理系大学も同じだったそうな。母が受験した某私大は、男性と差を付けていた。同じ点数なら男性が合格。事情あって退学したけどありゃないわ、と今でも言ってます。私も専門時代に似たような経験あるから自宅で盛り上がる。
9:32 - 2018年8月3日
https://twitter.com/ida_hitomi/status/1024824412015452160
うちの大学は「寮の部屋の空きの問題」という理由で公然の秘密として男女比率調整がありました。純粋に成績だけだったら女子だらけになっちゃうから、と言われた事もあるし入学後の成績もその事実を如実に反映していました。一番怖いのは自分が今までその事をおかしいと思わなかった事です…。
10:09 - 2018年8月2日


各大学の一次試験男女合格者比率と二次のものを比べて怪しい大学をあぶり出してみる - Togetter https://togetter.com/li/1252839


東京医大のニュースを見ても驚けなかった話|諸岡亜侑未|note https://note.mu/mor0_0ka/n/n16a80cf5645b
正直、藝大でもそんな噂はさんざんあった。
高校生の時、こんなことを言われたことがある。

「彫刻科の試験でよく自画像や自刻像が出るでしょ、あれは男か女か見分けるための試験課題なの。将来作家を続けていくのは男の人の方が多いから、男をとりたいんだって。だから自画像や自刻像がでたら女の子は中性的な顔立ちにしたり、ちょっと男の子っぽく作った方がいいらしいよ。」


女子評価を一段階下に 不適切入試、複数大で判明:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASLBL2GD9LBLUBQU001.html
2018年10月18日11時00分
 関係者によると、ある大学では男女で異なる合格基準を設け、男子を優遇していた疑いがあるという。この大学では1次試験(学科)の結果と、2次試験(小論文・面接)を数値化し、0・5点刻みで評価した結果を組み合わせて合否判定をしているが、女子は常に男子より1レベル下に置かれていた。1次試験がトップレベルの受験生の場合、男子は2次試験の結果が2・5点以上で合格か最優先の補欠だったが、女子は2次試験で3・0点以上を取らないと同じレベルにならず、2・5点であれば2番手扱いの補欠だった。

 また、年齢によって受験生に差をつけている大学や、2次試験で「同窓」「教職員」と記載のある受験生を優遇している大学もあったという。追加合格の決定が学長や医学部長に一任され、面接では「不適格」とされるような点数の受験生が合格している大学も判明している。

 文科省は東京医科大を除く80大学への訪問調査を続けるとともに、不正があった場合は自主的に発表するよう呼びかけている。医学部入試をめぐっては東京医科大のほか、昭和大が15日、現役と1浪の受験生に加点をし、同窓生の親族を優先していたことを認め、謝罪している。順天堂大も不適切な入試を行っていた疑いがあるとして、説明を求められている。


医大
女性差別のある医学部まとめ | 医学部受験バイブル https://xn--0kq33cz5c8wmwrqqw1d.com/?p=8859
東京医大一律減点】予備校では既に以前から「女子の合格に性別傾斜をかけている」と教えられていた→他にも様々な医学部の闇が - Togetter https://togetter.com/li/1252664


医師65%「女子減点理解できる」 人材会社ネット調査:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASL884F1XL88UTIL017.html
 東京医科大が入試で女子受験生を一律減点していた問題をめぐり、医師の人材紹介会社「エムステージ」(東京都品川区)が医師を対象にアンケートをしたところ、一律減点を「理解できる」「ある程度理解できる」と答えた人が計65%に上った。


西川史子医大の合格者操作は当たり前のこと」 - 芸能 : 日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808050000445.html
 西川は「東京医大に限らないです。全部(の医大)がそうです。だって、(点数の)上から採っていったら、女性ばっかりになっちゃうんですよ」と入試の点数だけで見ると上位の大半を女性が占めると指摘。そのうえで「そうすると、世の中が眼科医と皮膚科医だらけになっちゃうんです。例えば股関節脱臼のケースなどで人の重たい部位を背負えるかといったら、女性では無理なんですよ。だから女性の外科医は少ない。やっぱり外科医になってくれるような男手が必要なんです。だから、男性と女性の比率等はちゃんと考えていないといけないんですよ。男性ができることと女性ができることは違うから、それは仕方ない」と、医療現場を知る立場からコメントした。


お産の現場で働き続けるつもりだった私が、当直勤務を手放し、開業した理由 https://www.buzzfeed.com/jp/mihyonsong/joseiishi-hatarakikata
しかし、関東地方で私立の医学部出身の女性医師の友人たちに聞くと、予備校の進路指導では当たり前のように言われていることだそうです。

東京医科大には不合格だったものの、より高い学力が必要な大学の医学部に進学した女性医師は、あの時のモヤモヤがスッとしたと語っていました。

(中略)

女性医師の割合が増えると眼科や皮膚科などのマイナー科が増えて外科医のなり手がないという女性医師タレントの発言が共感を得ているようですが、私はそれほど賛成しません。

私が学生の頃からメジャーと呼ばれる内科、外科は出世が遅くて「QOL」が低いため、男女を問わずマイナー科志向が高まっていましたし、私のように外科医志望の女子学生を受け入れる土壌もなかった。


東京医科大の“差別”入試、女性医師の宋美玄さん「そもそも医師を志した人たちにフェアな競争の場が少ない」 https://www.huffingtonpost.jp/2018/08/07/tokyoikadai-songmihyon_a_23497421/
ーーこのような入試の実態について、業界的に"暗黙の了解"とされていた部分もあるのでしょうか。

「学科試験は放っておくと女子の方が優秀」だから「面接で女子に不利な採点をして調整している」という話は聞いたことがあります。


順天堂大 48人を追加合格に|NHK 首都圏のニュース https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20181210/0022433.html
12月10日 17時25分

医学部の不適切入試の問題で、順天堂大学は10日記者会見を行い、女子受験生や浪人生が不利となるような合否判定を行っていたとして謝罪しました。
そして、去年とことしの入試で不合格とされた48人を追加合格とすることを明らかにしました。

東京医科大学の不正入試問題をきっかけに文部科学省が始めた調査で、各地の大学の医学部で不適切な入試が行われていたことが明らかになっています。
こうしたなか、都内にある順天堂大学は10日夕方、新井一学長らが記者会見し、去年とことしの医学部の1次試験と2次試験で女子受験生や浪人生が不利となるような合否判定が、少なくとも平成20年度から行われていたことを認めて謝罪しました。
文部科学省の調査で、順天堂大学は男女の合格率の開きが全国の医学部で最も大きくなっていました。
大学は女子を不利に扱った理由について「大学受験時点では女子のほうが精神的な成熟が早くコミュニケーション能力が高い傾向にあり、判定の公平性を確保するため男女間の差を補正したつもりだった」と釈明しました。
また、公表まで時間がかかった理由としては、「第三者委員会の調査結果を待ったため」としています。
大学は去年とことしの2次試験で、不合格にした男子1人、女子47人のあわせて48人を追加合格とするとともに、1次試験で不合格とした117人の受験料を返還するとしています。

順天堂大学医学部5年の男子学生は「学力試験の段階で男女差別をするのはどうかと思うので今後しっかりと改善してほしいと思う」と話していました。
また、2年の女子学生は「とても残念に思います。同じ入試をしているからには女性とか関係なしに点数をつけるべきだと思う」と話していました。

東京医科大学による不正入試問題を受け、文部科学省は、ことし8月から医学部のある全国80の大学に対して同様の不正がないか調査を進めています。
10日までに過去の入試に不適切な点があったことを認めて公表したのは昭和大学神戸大学福岡大学金沢医科大学岩手医科大学順天堂大学北里大学のあわせて7つの私立と国立の大学に上っています。
文部科学省は、各大学の対応などを見極めて、今週中にも最終的な調査結果を公表することにしています。


医学部女子比率ランキング(国立・公立・私立大学)|医学部受験マニュアル https://www.med-pass.net/rank/danjohi/
公然と女子の合格者を下げることはしなくても、女子が苦手にしがちな数学の難易度を上げたり、女子が比較的多く選択する生物の難易度を上げる、面接の配点を下げるなどにより間接的に女子の合格率を下げている大学もあるようです。


https://twitter.com/9moji_hantai/status/1024974365253722112
医学部に行く女子の合格点が違うなんて差別だ!とか色々書かれていますが、そんなのは私が医学部受験していた頃から赤本にも書いてある有名な事実。予備校のバイトだってみんな知っている。

その程度の壁越えるしたたかでしなやかな女性でないと、医者なんてやれません。ご心配なく(笑)
20:05 - 2018年8月2日
https://twitter.com/9moji_hantai/status/1026694218633240576
私の言葉で気分を害された皆様、本当にごめんなさい。

ストレートに「女性差別は許さないぞ!」という言い方をするのか、「私は気にしない!(絶対負けないぞ!)」という言い方をするのか。

私にとっては、この表現の違いだと思っています。
でも、嫌な思いをさせて、ごめんなさいね!また後で。
13:59 - 2018年8月7日


医学部入試"女子は男子より不利"の裏常識 | プレジデントオンライン http://president.jp/articles/-/25621
▼医学部受験の裏常識(1)性別:
「男子受験生を優先的に合格させる私立医大
「学力だけで勝負すれば合格者は過半数が女になってしまう」。筆者は複数の医大幹部からこうした話をたびたび聞いている。一部の医大は性別のバランスを考慮して男子受験生を優遇しているようなのだ。こうした事実はどの大学も公式には認めていないが、医大関係者の間では“常識”となっている。

かつては、「女の子が医大なんか行ったら結婚できなくなる」と敬遠されていたが、近年では「女性が一生働ける」「医師夫をゲットする近道」といった理由で、学力優秀な女子高校生が積極的に医大を受験するようになった。また、昨今の「働き方改革」や「女性活躍促進」といった政策を受け、産休・育休が確保でき、当直・残業は免除する、という医療現場も増えつつある。

しかしながら、医療現場では「男手」の必要なシーンが多い。病気は365日24時間いつ発生するかわからない。大病院であれば必ず当直の医師が必要だ。とりわけ医大附属病院の運営には、当直可能で元気な若手医師を多数確保する必要がある。また、外科などの多忙な診療科は女医には不人気であり、女医率の上昇に伴い人手不足は深刻化している。

そうした背景もあり、とりわけ私大医学部の入試では、女子に比べて男子を優遇するケースがある。具体的には、小論文や面接などで「男子学生にゲタを履かせる」という手口が多いようだ。実際に、女子のほうが男子より入試レベルが1~2ランク難しくなる、とされる医大は複数存在する。

医学部生の「女高男低」ぶりは、医師国家試験の合格率にも反映されている。過去5年間の合格率は、男性が「87.8~90.7%」であるのに対し、女性は「90.5~93.2%」となっており、一貫して女性が高い。


東京医大、女子受験生を一律減点…合格者数抑制 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINEhttps://www.yomiuri.co.jp/national/20180801-OYT1T50116.html
2018年08月02日 06時00分
 東京医科大(東京)が今年2月に行った医学部医学科の一般入試で、女子受験者の得点を一律に減点し、合格者数を抑えていたことが関係者の話でわかった。女子だけに不利な操作は、受験者側に一切の説明がないまま2011年頃から続いていた。大学の一般入試で性別を対象とした恣意しい的な操作が明らかになるのは極めて異例で、議論を呼びそうだ。

離職の恐れで女性医師敬遠、関係者「必要悪だ」 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINEhttps://www.yomiuri.co.jp/national/20180801-OYT1T50132.html
 この関係者によると、同大による女子合格者の抑制は2011年頃に始まった。10年の医学科の一般入試で女子の合格者数が69人と全体(181人)の38%に達したためだ。医師の国家試験に合格した同大出身者の大半は、系列の病院で働くことになる。緊急の手術が多く勤務体系が不規則な外科では、女性医師は敬遠されがちで、「女3人で男1人分」との言葉もささやかれているという。


https://twitter.com/Miyako_Koji/status/1024941079940845569
知り合いの女医さんに、東京医大やばいですねってライン送ったら、「男子生徒を優先的に取るのは東京医大に限ったことではないですよ。国立大でも暗黙の了解で普通に行われています。」って返ってきて、今回の入試不正の問題の根深さを感じた。国立医学部の入試については国が全て調査をすべきだと思う
17:52 - 2018年8月2日


「不正排除した」医学部女子合格率、男子超える : 教育・受験・就活 : 読売新聞オンライン https://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/kyoiku/news/20190618-OYT1T50084/
2019/06/18 08:32
 医学部の不正入試問題で、文部科学省から昨年、不適切またはその疑いがあると指摘された10大学のうち、女子差別があったとされる4校の今春入試で女子の平均合格率が13・50%と、男子の12・12%を1・38ポイント上回ったことが、読売新聞の調査で分かった。前年は男子9・06%、女子5・52%と3・54ポイント差があったが逆転した。今春の入試では、不当な差別が排除された結果とみられる。

 全81校で見ても、前年は男子11・51%、女子9・46%と2・05ポイントの開きがあったが、今春は男子11・86%、女子10・91%で0・95ポイント差に縮小。昭和大、日本大(いずれも東京)、山梨大(山梨)など計26校で女子の合格率が男子を上回った。

 読売新聞は5~6月、東京女子医科大(東京)を含む81校(防衛省所管の防衛医科大を除く)に今春のAO・推薦入試や一般入試などの男女別、年齢別の受験者数と合格者数を尋ねた。

 受験者数が前年から約6000人減ったため、合格率は全体的に上昇したが、文科省に女子差別を指摘された東京医科大、順天堂大、北里大(いずれも東京)と、その疑いを指摘された聖マリアンナ医科大(神奈川)の4校の合格率は男子12・12%、女子13・50%だった。

 前年まで一般入試の小論文の得点を操作し、女子と3浪以上の男子の合格者を抑えていた東京医科大では、合格率が前年の男子9・04%、女子2・91%から今年は男子19・84%、女子20・21%となった。担当者は「不正を排除した結果ではないか」と語る。1次試験で一定順位以下の浪人生や女子を不利に扱っていた順天堂大は前年の男子10・08%、女子5・23%から今年は男子7・72%、女子8・28%と大きく変動。北里大は前年の男子9・11%、女子10・63%から今春は男子15・66%、女子20・08%と女子が急伸した。




■女性優遇
全文表示 | 推薦入試で「女性には点数加算」 「女尊男卑」批判に大学側は... : J-CASTニュース
https://www.j-cast.com/2016/10/11280355.html?p=all
「女子に対し、全学部において、一定の点数を加算して判定します」――。男女共学の私立大、大阪電気通信大学(本部・大阪府寝屋川市)の公募推薦入試に設けられたこんな優遇制度が話題を集めている。

(中略)

同大の場合、試験内容は数学や英語といった科目の適性検査のみだが、「専門学科総合学科の高等学校の在籍・卒業生に対する優遇制度」「各種資格(検定)保有者に対しての優遇制度」といった個性的な優遇制度が設けられている。

今回注目されたのは、その中の「女子に対する優遇制度」だ。公式サイト内の説明書きには、「女子に対し、全学部において、一定の点数を加算して判定します」とある。

(中略)

一体なぜ、こうした制度を設けたのか。大阪電通大広報課の担当者はJ-CASTニュースの10月11日の取材に

「女子学生の大学進学率の上昇に貢献するのと同時に、理工系分野に興味のある女子高生を応援したい思いがあり、設けました。制度はおそらく10数年前からありました。今後については未定です」
と話す。

一方、20代の同大男性OBは取材に対し、

「学ぶ量は男女で変わりませんし、生徒の為にならないと思います。女子生徒を獲得するための方法としては正しくないように感じます」
と感想を述べつつ、

「(在学中に)女子の比率は少なかったです。僕らの年は8対2で男が多かったです」
と振り返った。


女性教員比率向上のためのポジティブアクション | 大学の概要/学部・研究科
http://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/declaration/positive/
本学は、女性教員比率を向上させるための積極的改善措置(ポジティブ・アクション)として公募人事ホームページの冒頭に、「名古屋大学は業績(研究業績、教育業績、社会的貢献、人物を含む。)の評価において同等と認められた場合には、女性を積極的に採用します。」との文言を掲示することを教育研究評議会において決定した。


女性活躍で変わる企業特集!カルビー株式会社|前編|女性の活躍なしにカルビーの将来はない | Ane会|働く大人女性のためのWebマガジン http://anekaitimes.com/post-8216/
石井様:2020年に女性管理職を30%にするという明確な目標に対して、社長以下が数字でコミットしてきました。この目標達成のために、男女関係なく優秀な人材を登用することを第一として、能力が同じ男女の場合、当分の間は女性を優先して管理職に登用するという方針で進めてきました。