漫画原作の外国映画の感想


点数:
分類:
粗筋:
総評:

 

 

 


■スーパーマン 日本語字幕版 平成29年9月15日
点数:2/5
分類:宇宙人 空想科学 超能力 犯罪者 恋愛 間抜け 警察 盲
粗筋:クリプトン星生まれのケントは超能力でサンアンドレアス断層に地震を起こす3人組を捕まえる
総評:原作が漫画である為か細かな理屈は抜きにしてテンポ良く話が進む。主人公が純真無垢な性格な為か物語自体も子供向けの様にあっさりしていて分かり易く落ちもすっきりしているが物足りない。映像合成は不自然さが少ない。ケントは先輩女をいつ好きに成ったのか。

原作未読

・OPが長い。本編開始迄5分以上かかる。
・赤ん坊は宇宙船内で地球についての知識を植え付けられていたが、クリプトンが滅んだのは数千年前。クリプトンには地球の数千年後を見通す技術が有るのか。
・赤ん坊はずっと宇宙船の中にいた筈なのに足の腿より下が日焼けしている。
・子供を警察に届け出ないマーサはただの人攫い。
・1:04:00「新聞は買ったか。なぜ読めない?」「渡さなかったから?」「正解」というやり取りの意味が分からない。
・先輩女は独身の若い女なのに豪邸に住んでいる。
・ルーサーはケントの出身惑星を知っただけで何故クリプトン星の隕石の放射能が弱点に成ると分かったのか。通信装置としても使いこなしていて知能指数200の自称は驕りではない。
・ケントは「僕にはどんな暴力も理解できません」と述べているが犯罪者に対しては平気で暴力を行使している。
・ケントは道に穴を空けている。
・ケントは着ている服も特別で傷一つ付かない。
・たまたま爆心地に犯罪者一味の母がいなければ計画は止められなかった。
・好きな女が死んだという悲しい展開なのにその対処法はギャグ。こんな荒業が使えるのなら折角だから先輩女が強盗に襲われる直前迄戻せば良いのではないか。
・冒頭の犯罪者3人は話に絡まないので削ろうと思えば削れた。続編用に登場させたのか。

 


スパイダーマンTM 日本語吹き替え版 平成30年5月9日以前
点数:2/5
分類:高校生 蜘蛛 空想科学 二重人格 恋愛 浮気 社長 金持ち 新聞
粗筋:超能力を得たピーターはスパイダーマンとして親友ハリーの父グリーンゴブリンと対決する
総評:「大いなる力には大いなる責任が伴う」という名セリフは、ピーターがそれを心に刻む展開がとても巧く教訓的だがお説教臭くない。映像を重ねる見せ方や劇中の出来事に背景音楽の演奏を合わせるという見せ方は分かり易いが子供向けに感じる。

原作未読

・グリーンゴブリンは服をどう調達したのか。乗り物は腰と膝への負担が大きそう。

・「シャザーム」
・ピーターは絵が上手い。
・日本語吹き替え版では「蜘蛛人間」と「スパイダーマン」は別物として扱われている。
・原作者がフェスティバルの参加者として登場。
・「また僕だよ」
・MJはハリーが彼氏なのに助けてくれたというだけで顔も知らないスパイダーマンにキスしている。と思ったら彼氏の父親の葬式でピーターに乗り換えている。
・MJは3人の男から惚れられたりハリーの父親から「あんな美人」と言われる程美人ではない。葬式の場面で上前歯には歯列矯正の様な一本の直線が見える。
・「スーパーマンじゃないのよ」
・1:40:00グリーンゴブリン「ちっぽけなスパイダーマンなどいのこった」とは何と言っているのか。
・EDは曲が4曲も有るせいで6分と長い。

 

スパイダーマンTM2 日本語吹き替え版 平成30年11月14日
点数:2/5
分類:ピザ 新聞社 誕生日 核融合 人工知能 科学者 恋愛 詩 結婚式
粗筋:ピーターは糸を出し難く成りメリー・ジェーンは新聞社の社長の息子と結婚しスパイダーマンの正体がみんなにばれる
総評:ヒーローとしての苦悩を主眼としていてあまり娯楽作品っぽくはない。観ていて気苦労を感じる。オクタビアスの暴れぶりはスプラッター映画としても作れそう。一応は幸せな結末だが新聞社社長の息子は報われない。

 

・音楽は結構古臭い。3DCGはまだ違和感が有る。

 

・ピザ屋は発音がおかしいが移民という事実を意味しているのか。集合住宅の大家はロシア人。やけにアジア人が多い。

スパイダーマンの写真は150~300ドル。

・おばさんはピーターが来ている事が分かっているのに銀行の通知を出しっぱなしにしていて、わざと見せたかの様。

・34:00 オクタビアス「磁気がでかする」とは何と言っているのか。

・オクタビアスが体に取り付けた4本の腕は重くないのか。動力源は電池なのか。

・『ドクター・ストレンジ

・メイおばさんは自分の体重を支えられる位握力が強いし傘も頑丈。

・50:00 スタン・リー「危ないっ!」

・1:04:00もスタン・リーなのか。

・ピーターは今迄袖にして来た女に、決まっている結婚を止めろと迫り、女の側が寄って来たらまた袖にしている。事情が有るにせよメリー・ジェーンが可哀想。メリー・ジェーンもメリー・ジェーンで、自分の都合で結婚相手を捨てていて酷い。

・ピーターはスパイダーマンの服が新聞社に有るといつ知ったのか。

・粗末な服で敵に攫われるメリー・ジェーンは『キングコング』の女の様。

・「化物としては死ねない」というオクタビアス博士の覚悟は格好良いが、核融合が成功しなかった事は残念。

・今作のエンディング曲は3曲5分。

 

スパイダーマンTM3 日本語吹き替え版 令和1年5月8日

点数:3/5
分類:恋愛 失恋 脱獄 家族 病気 記憶喪失 執事 警察 フランス語 歌 葬式
粗筋:強盗犯の砂男マルコがおじの殺害犯と判明しピーターが着た宇宙生物服をエディが着てメアリージェーンを攫い誤解の解けたハリーが共闘し死ぬ

総評:ピーターからマルコ、ハリーからピーターへの誤解が原因で騒動が起きているが、誤解が解けてすっきりする回。ハリーの誤解が解けてからの共闘は燃える。マルコもエディも不定形の怪人という点が共通している。長いだけあって色々な展開が詰まっている。メアリージェーンは巻き込まれただけの被害者だが、メアリージェーンさえいなければニューヨークはもっと平和だったのではないか。

 

・暗い街や地下鉄での戦闘は見難い。

・39:55 スタン・リー「なあ君、一人の人間でも世の中を変える事ができる。分かるね」と不自然なセリフ。

・何故宇宙生物が寄生すると服が黒く染まるのか。

・砂男が水に弱いという理屈は解るが、蜘蛛は水に弱くないのか。

・ピーターは家賃も払わずに高いレストランに人を誘っている。

・調子に乗ったピーターはむかつくが、大した事はしていない。

ニューヨーク市民は怪物が市民を攫っているのにはしゃいで見物しており胆力が有る。

・マルコは凶悪殺人犯ではないが、あまり免罪される様な人間でもない。

・マルコを許したピーターが次にはハリーに許されるという綺麗な展開。

・グウェンは、学校の同級生で、同僚の恋人で、助けた相手で、ニューヨーク市警警部の娘、と要素を詰め込み過ぎ。世界が狭い。

・ハリーが優れた反射能力でバスケットボールと花瓶を同時に掴んだ描写は何の意味が有ったのか。

・EDは3曲5分。

 


■アイアンマン 日本語吹き替え版 平成29年9月8日
点数:2/5
分類:空想科学 機械化人間 秘書 恋愛 ロボット 水タバコ
粗筋:トニー・スタークは共同経営者オーボディアに暗殺されかけ兵器開発を止めアイアンマンを作る
総評:欠点は無いが悪者は単なる悪者という勧善懲悪もので特に面白みが無く退屈。原作を忠実になぞる事に腐心したかの様な出来栄えで丁寧に手堅く纏まっている。監禁部分に時間を割き過ぎている。

原作未読
・携帯電話とテレビはLG、携帯電話はvtech、パソコンはDELL

・トニー・スタークはきちんと働いている機械に対して八つ当たりが多い。正義感も有るが、名誉欲や力試しという動機も多くを占めている。
・オーボディアは何故トニー・スタークを殺そうとしたのか。もう引退する様な年齢に成って会社を独占しようとした理由は何なのか。トニー・スタークの父を殺したのもオーボディアなのか。生死も不明。

・「待てよ一切れやる」
・1:04:00トニー・スターク「氷結だブランプを出せ」とは何と言っているのか。
・1:45:00トニー・スターク「胸にパワーをおどろらせ」とは何と言っているのか。

 


■キックアス 平成30年3月16日
点数:2/5
分類:おたく ヒーロー やくざ コカイン 警察 親子 母子家庭 父子家庭 恋愛
粗筋:漫画のヒーローに憧れた少年が家族の仇の為にやくざを殺す親子の手助けをする
総評:主人公はおたくにしては活動的であまりおたくらしく無い。キックアスとして平和を守れるという思い込みは何に起因していたのか。ヒットガール達の強さと動機に主人公の存在感が食われていて出番も後半はヒットガール達の方が多い。

原作未読
・黒人女のおっぱい

・キックアスもヒットガールも父子家庭。レッドミストは終盤以降母子家庭。
ビッグダディ達は長年復讐の機会を伺っていたのだろうが、何故キックアスと活動時期が重なっているのか。特に漫画に憧れている訳でもないビッグダディ達も漫画の様な格好をしている理由は、父親が娘を洗脳する手口として漫画を利用したからなのか。
・ヒットガールは年相応な様子が無く超然としていて人間味に欠ける。序盤は防弾チョッキを撃たれる事を怖がっていたのに、後半では銃撃の中平然と戦えていて成長が急過ぎる。生まれながらの殺人機械として育てられ父親を目の前で殺されているのに全然悲壮感は無い。

・『バットマン』のパロディ。キックアスの色使いは『フィニアスとファーブ』のカモノハシペリーと似ている。
・自殺 ミンディの母親 夫が逮捕されたから
・何故倉庫に置かれていた、昔家政婦を監視する目的に使っていた熊のぬいぐるみの中のカメラが動作していたのか。
・レッドミストがキックアスを友達だと言ったのは何故なのか。
・「誰から守るんだよ」
・「"力がなければ責任は伴わない"か?」

 


■グリーンランタン 日本語吹き替え版 平成30年3月16日
点数:2/5
分類:空想科学 宇宙人 父と息子 恐怖 恋愛
粗筋:嘗てアビンサーが封印した仲間パララックスがハルの友達ヘクターに取り憑く
総評:低予算映画。グリーンランタンは見た目が格好悪い。宇宙の種族が云々という話は壮大だが漠然としていてついていけない。パララックスはやたらに恐れられていた割に簡単に倒されている。何でも作り出せるグリーンランタンの能力で作られるものはどれも子供っぽく、ギャグの様に見えるがギャグは全く無い。

原作未読
・宇宙人と英語が通じている。と思ったら後で翻訳機が有ると明かされた。
・宇宙人達は遺品を拾ったというだけで志願した訳でもない人間に、志願兵の様な厳しい訓練を強いている。
・ハルはキャロル相手に「怖いんだよ」と説明していたが、怖がりなら冒頭の無理な操縦はしない気がする。
・宇宙人達は偉そうな事を言っていた割にハルを助ける以外特に何の仕事もしていない。
・「意思を通わそう」と言っていたが、具体的に何かしたのか。

 


■アントボーイ 日本語吹き替え版 平成30年3月24日
点数:1/5
分類:小学生 蟻 姉妹 漫画 おたく 金持ち
粗筋:アリに噛まれて超能力を得たペレはアントボーイとしてノミ男ジェムカ相手に戦う
総評:小学生の夢を映像化したかの様だがそれだけに留まる。安っぽく面白味は全く無い。ペレは今後の人生でずっと砂糖の大量摂取が必要なのか。

原作未読
・『スパイダーマン』『アントマン
・体育教師は乱暴。
・アントボーイの服装はそれこそこそ泥っぽい。
・ジェムカが何故アントボーイの詳細を全て知っていたのかは明かされない儘。