性差嗜好知識

日本人の国民性調査 https://www.ism.ac.jp/kokuminsei/table/index.htm


夫婦関係に亀裂が走るかも…“夫がおかしがちな間違い”3つ - 新刊JPニュース http://news.sinkan.jp/news/index_5070.html
メリーランド大学の研究によれば、男性が1日発する単語数は平均7000語に対し、女性は平均20000語。


トレードをするうえで男女の性差はどう影響するか? | マネーポストWEB https://www.moneypost.jp/556675/2/
ちなみに海外では、トレーダーの性差に関する調査が行なわれているのですが(カリフォルニア大学バークレー校のテランス・オディーン教授と同デービス校のブラッド・バーバー教授による研究)、その結果は「男性は女性よりも自信過剰になりやすく、トレードの回数も多くなりがち」で、「女性は男性よりもリスクを嫌う傾向にある」というものだったようです。

 この調査によると、男性の方が女性よりも45%多くトレードしているにも関わらず、男性の年間収益は、女性よりも1%程度少ないという結果が出たそうです。特に独身の場合は、男女の性差が顕著に結果にあらわれたといいます。


ブログ白書――ブログの氷山(ウェブログの3分の2は三日坊主)[はじめてのウェブログ]2003/10/09 http://www.kotono8.com/weblog/000065_whitepaper.html
 男性は女性よりもブログを捨てやすく、捨てられたブログのうち46.4%は男性が作ったものであり、男性によって作られた稼働中のブログとの比較では40.7%に当たる。放置率は年齢とは関係がなかった。

(中略)

女性のほうが男性よりもわずかにブログを多く作っており、レンタルブログの56.0%になる。


あまりに危険な自撮りが招く最低最悪の結末 | 災害・事件・裁判 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 https://toyokeizai.net/articles/-/254932
SNSなどで驚くような自撮り写真を見かけたことがあるかもしれない。野生の熊の前での自撮り、高い建物の上にいる自撮り、火事の前での自撮り……このような危険な自撮りを「エクストリームセルフィー」と呼ぶが、当然リスクが高く、事故や死亡などと隣り合わせだ。

(中略)

先ほど紹介した調査によると、事故に遭ったユーザーの年齢は10〜68歳であり、平均年齢は22.94歳。10、20代の若者たちが多くを占めている。

同時に、全体の72.5%を男性が占めている。若者のほうが無鉄砲な行動に出やすく、また、男性に比べて女性が少ないのは、「センスが良い」「かわいい」と思われたい願望が強いため、行動が過激化しづらいからだと考えられている。


平成 25 年度協定等に基づく日本人学生留学状況調査結果 https://www.jasso.go.jp/about/statistics/intl_student_s/2014/__icsFiles/afieldfile/2016/01/28/short_term13.pdf
男36.5% 女63.5%


辛いものが好きな人は59%! 好きじゃない人は21%|ニフティニュース https://news.nifty.com/article/item/neta/12225-130815002700/
辛いものが好きなのは、女性よりも男性!
男女別で比較すると、女性は【好き派】が53%だったのに対し、男性は61%と高い数値に。女性よりも、男性の方が辛いものを好む傾向にあるようです。


60万部発行 大人の科学プラネタリウム」が長らく復活しなかった理由 https://www.buzzfeed.com/jp/yuikashima/otona-no-kagaku-planetarium
それを確信したのが、昨年発売した活版印刷機だった。販売部数はもちろんのこと、7:3で女性読者が大半を占めたのだ。

「一番多く買っていただいたのが、20〜30代の女性で、僕らも度肝を抜かれました。今まで、最高でも5:5くらいだったので。大人の科学はどうしても男性のイメージが強いので、ここに来てくれたのか……と(笑)。すごく嬉しかった」


ブーム真っ盛りの「エアプランツ」、男と女で好みとニーズはこんなに違う 日経トレンディネット http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20150512/1064404/
男性の琴線に触れるのは「形」よりも「希少性」

 さて、このエアプランツ、男性と女性では好みとニーズがはっきり分かれるという。

 男性は、店に1人で来る20代後半から30代前半の熱心なマニアが目立つそうで、「コレクションを楽しむ方が多いですね。カタチで選ぶのではなく、“レア”なところで気に入るみたいですよ」(鹿島さん)。

(中略)

 「男性はめずらしいエアプランツを1点買っていく。そして大事なコレクションとして、極めてスローな成長を見守りながら育てる」。鹿島さんはマニアの姿をこう捉える。

 一方、女性は300〜500円ぐらいの手頃な価格で、カタチのかわいいものを2〜3点まとめて買う。「男性はコレクションに対して『オレが育てる』という感覚があると思うが、女性は飾るイメージが強い」。ガラスやブリキの器に数点まとめて、テーブルの上などに飾って楽しむようだ。


夢眠書店開店日記 第6話:絶版した本を復活させる「復刊ドットコム」の仕事② | ほんのひきだし http://hon-hikidashi.jp/know_learn/6526/
――票数がたくさん集まっても売れない作品もあると伺いました。ユーザーの声と売上が一致しないのは不思議ですよね。

夢眠ねむ(以下、夢眠):そんなこと、あるんですね……。

澤田勝弘(以下、澤田):インターネットでの投票なので、いい部分と悪い部分は常に両面ありますね。とはいえ投票したから必ず買わなくてはいけないという義理はないし、これが本来の姿かなと思っています。

夢眠:投票する人は男性が多いと思っていたんですが、男女半々なんですね。驚きました。

印口崇(以下、印口):傾向として女性の方が投票するし、発信もするんです。情報発信力は女性の方が強いですね。

澤田:ただし、お金はなかなか落としてくれない……。

夢眠:そうなんですか!? 私が住んでいるオタクの世界では、女性ほどお金を落としているんですよ。特にちょっと池袋寄りの若い女性は、すごくお金を出すんですけれど……。

印口:傾向として女性の方が投票するし、発信もするんです。情報発信力は女性の方が強いですね。服に払うか本に払うか、それだけの話だと思いますよ。CDに払うのか、DVDに払うのか……、要するにそれが何なのかということですよね。うちが出している本なのか「うたの☆プリンスさまっ♪」なのか(笑)。

夢眠:あはは! まさにそれですね!

復刊ドットコムに聞いてみよう|研究レポート|本づくり研究所 https://lab.p-press.jp/report/report56.html
研究員
ユーザーはどんな方が多いですか?
澤田さん
リクエストをいただくのは男女半々ですが、実際に購入してくださるのは45歳〜60歳の男性です。うちの本は数千円、場合によっては数万円って値段になることもあるし、そんなの「いいな、買っちゃおう!」ってなるのはやっぱり男ですよ(笑)。
研究員
確かに(笑)。そのくらいの世代の方が復刊を望むというと、70〜80年代あたりの本でしょうか?
澤田さん
そうですね。70年代が一番多いと思います。

https://twitter.com/TKhakoniwa/status/833511622106755072
聞いた話。女子向けフィギュアは原型が発表されると凄い数の予約が入ってメーカーも相当数を生産するんだけど、いざフィギュアが販売されると大量キャンセルになるのですと。原型発表から半年〜1年後の発売の間に、女性の萌えは他に移ってしまうのですと。○撃あたりは酷かったらしいです。
2017-02-20 12:00:31


編集長が語る『ムー』40年の歴史 “世界の謎”を追うメディアが果たしてきた役割とは? | ORICON NEWS https://www.oricon.co.jp/confidence/special/51933/
――『ムー』が追う世界の謎は“男のロマン”なのかと思っていましたが、オカルトや世界の謎に興味を持つ女性ファンはどうでしょうか。
3割〜4割が女性読者です。


『テイルコンチェルト』設定資料集発売記念インタビュー!いま明かされる三つの十字架、そして松山洋の本音とは | インサイド http://www.inside-games.jp/article/2015/03/02/85498_2.html
ふたつめは、「ロボ」。これは、バンダイさんに言われると余計に説得力があるんですよね。ロボットゲームを作る時には、女性のお客さんを捨てる覚悟を持って作らないとダメだと。ターゲットを半分に絞ってでも、(残った方々が)絶対に欲しくなるロボットゲームを作る。そういう覚悟が必要なのがロボットゲームなのに、「ケモノにロボ、売れないキーワードが二つもあるよ!」って(笑)。


男女でお金の使い方がちがう?!:日経ウーマンオンライン【どん底経験FP花輪陽子の「お金に困らないで生きるには」】 http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20120130/117301/


【男女別】1カ月の洋服代ランキング 女性平均7882円 男性は?|「マイナビウーマン」
https://woman.mynavi.jp/article/160421-23/
Q.女性に質問! 平均すると1カ月いくらぐらい服飾費(服やファッション小物、下着などの購入費用)にかけていますか?
平均値……7,882円
Q.男性に質問! 平均すると1カ月いくらぐらい服飾費(服やファッション小物、下着などの購入費用)にかけていますか?
平均値……6,981円


博報堂生活総合研究所 「お金に関する生活者意識調査」結果を発表 | ニュースリリース | NEWS | 博報堂 HAKUHODO Inc. http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/43718
2017年12月15日
「キャッシュレス社会」に賛成49%:反対51%。賛否は真っ二つ。 男女で意見は正反対(男性は賛成、女性は反対が多数)。

【全体】 賛成49%≒反対51%
【男性】 賛成59%>反対41%
【女性】 賛成39%<反対62%


20代の4割が「キャッシュレス化」を望んでいない--普及の鍵を握るのは? - CNET Japan https://japan.cnet.com/article/35133248/
 そして、キャッシュレス化に関する意識について尋ねたところ、「(キャッシュレス化が)普及してほしい」と回答した人は男性で61.8%、女性で46.4%となった。


電子書籍が変える読書 世界市場4年で急成長:日本経済新聞 https://vdata.nikkei.com/datadiscovery/21book/
モバイル読書の時間、途上国の女性は男性の6倍


アンケート結果を検証 タトゥーについて|株式会社ヒューマ http://www.huma-c.co.jp/topic/enquete_tattoo.html
タトゥーを入れている日本人は男性2.5%、女性1.8%。

「タトゥー」を入れた日本人の8割以上の人が後悔! <若気の至り>を消す方法とは?|健康・医療情報でQOLを高める〜ヘルスプレス/HEALTH PRESS http://healthpress.jp/2017/01/post-2746.html
米国の大手世論調査機関「Pew Research Center」が行った調査(2013年7月)によれば、タトゥーを入れている米国人は、全人口のおよそ14%(4500万人)、18〜25歳の36%、26〜40歳の40%だ。男性(19%)より女性(23%)のほうが多い。


https://twitter.com/enoshima_m_ai/status/769887872270893056
一眼レフをぶら下げて江の島観光を楽しむ方はたくさんいます。江の島に勤務して1年半、どんなカメラを持ってる人が多いのか、傾向を言うと・・・

1.女性はPENTAXのカラフルな機種が多い(とくに白)
2.男性はNIKON機種が多い印象
3.外国人は圧倒的にEOS 5D mark Ⅲ
22:22 - 2016年8月28日


https://twitter.com/miokikoeru/status/772318236465508352
pixivを始めてプレミアム会員になって興味深い事に気が付いたのですが、おっぱいやパンチラなどの絵を投稿した時の反応と、痴漢モノの絵を投稿した時の反応が明らかに違うんです。
青:男、ピンク:女、緑:不明 なんかすごくないですか?
15:19 - 2016年9月4日


あの「緊急事態宣言」から1年、コミックビームは生き残れたのか 編集長が語る、電子増刊『コミックビーム100』の狙い (1/4) - ねとらぼ http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1710/11/news143_3.html
岩井:これもいろいろヒアリングしていて分かったんですが、例えば1巻無料、2巻からは買ってね、ってやった場合、男性読者はほとんど買ってくれないんだけど、女性は買ってくれるんですよ。なんでもかんでもってわけじゃないけど、ちゃんと試し読みをして、これは価値があると思ったら次はお金を払ってくれる。


https://twitter.com/6rain410/status/1154753636699783168
上司に「小学生の男女向け書籍を作るとき、主人公は男の子にして。男子が主人公の本を読む女児は普通だけど、女子が主人公だと男児に読まれない。物語なら別だけど」と言われた。
本当にそうなのかな。表紙や中身のデザインとか、絵のタッチとかで男児も手に取りやすい女子主人公の本はできると思う。
23:01 - 2019年7月26日


携帯メールにおけるジェンダー―文末に現れる様々な記号の使われ方に注目して― http://www2.toyo.ac.jp/~miyake/pdf/14syakaigengogakkai_04.pdf
三宅 和子(東洋大学) 第 14 回社会言語科学会(2004 年 9 月 5 日)
ここで分かることは、絵記号類+カッコ文字、疑問符・感嘆符が文末の約 70 パーセントを占めており、特に F→M では80%を超えていることである。句点は書きことばの文の単位を決定すべき大切な記号だが、全体でもわずか20%強しか使用されていない。しかも、ここには大きな性差があり、男性の句点使用を見ると、M→M では文の50%が句点で終わっていることに気づく。
これと呼応するように、絵文字・顔文字・記号の使われ方には大きな性差がある。こちらは女性の使用が多く、F→F、F→M ともに40%を超えるが、男性はM→M でわずか10%である。疑問符・感嘆符は男女を問わず30%前後使われている。
さて、ここで最も注目したいのは、女性・男性が同性に対して送るメールと異性に対して送るメールでは異なりをみせるという点である。
M→F はM→M に比べると、絵文字・顔文字・記号の使用率が10%から20%強に増えている。また、カッコ文字の使用は 2.5%から 0%になっている。F→F と F→Mを比較すると、絵文字・顔文字・記号をはじめとする様々な記号の使用頻度にはほとんど差がなく、カッコ文字のみ使用が増加している。カッコ文字は同性間での使用頻度は同じ程度であるのに、異性間の送受信では男性データからは消え、女性データでは増加する。