仮面ライダーキバ

石ノ森章太郎生誕70周年記念

点数:3/5
分類:鎖剣 バイオリン 賞金稼ぎ 恋愛 光る剣 貴種流離譚 タイムトラベル 浮気 親子
粗筋:
総評:意図的に説明を省いている為話に入り込めず、何が面白いのか分からない退屈な話が15話辺り迄続いていた。現代と22年前を交互に見せる構成は意欲的だがややこしいだけだったが、見続けている内に慣れた。

・前半は効果音の使い方がギャグ調。
・冒頭の雑学は要らない。
仮面ライダーデザインは総じて酷い。特にキバエンペラーフォームはデザインがゴチャゴチャしている。
・格闘戦は他の仮面ライダーより見応えが有る。
・後半の変身形態は主人公はキバエンペラーフォーム、現代イクサはライジングイクサばかり。

・主人公のこの世アレルギーという設定は1話と40話でしか使われなかった。
・みおは3人から好かれているが、これ迄の仮面ライダーシリーズに登場した女の中で一番もてているのではないか。
・殺し屋母が誰と結婚したのかは不明の儘。呉服屋と結婚したのか。純愛を裏切られて可哀想。
・たいがは自分の父についてどれだけ知っていたのか。
・パワードイクサは出番が少ない。
・ルークは22年前と同様また復活するのかと思っていたがそんな事は無かった。
・みんなすぐに退院したがる。
・しまがたいがに襲われた原因は描かれなかった。
・父親は能動的ななんぱ男としてもてて、息子はハーレム系作品の主人公の様に受動的な気弱男としてもてている。

仮面ライダーイクサは『世界忍者戦ジライヤ』の聖忍アラムーサと似ている。
・狼男とフランケンシュタインと吸血鬼が出て来て主人公が3人の怪物を従えるという点は『怪物くん』と同じ。
・次郎の変身動作は『仮面ライダーアギト』の仮面ライダーギルスと似ている。
・怪人が一般人に紛れて生活しているという設定は『仮面ライダー555』と『仮面ライダーカブト』と同じ。
・たいがライダーと劇場版のでかい敵は、青い目、黒い体、銀色の装飾が『仮面ライダーアギト』の仮面ライダーG4に似ている。
・主人公が夏でも襟巻きを着けている点は『仮面ライダー』を模しているのか。
・紅音也の常にバイオリンを抱えているという点は『快傑ズバット』や『人造人間キカイダー』と同じ。バイオリン奏者のナルシストという点は『仮面ライダーカブト』の神代剣と同じ。役者の顔は『仮面ライダーアギト』の津上翔一と似ている。
・レイのでかい爪は『仮面ライダー龍騎』の仮面ライダータイガに似ている。
・黒い服のクイーンは『仮面ライダーカブト』の喪服女に似ている。
ライジングイクサの外装が飛び散る変身演出は『仮面ライダーカブト』のキャストオフと似ている。
・ルークのゲームとして人を襲うという設定は『仮面ライダークウガ』のグロンギ族と同じ。
・ルークの役者の顔は堀江貴文と似ている。
・執事のファンガイア形態は『アクマイザー3』のザビタンに似ている。
・兄弟王が対決する点は『仮面ライダーBLACK』と同じ。
・『仮面ライダー555』とは、キバと木場勇治の名字、イクサの名前の語感とベルトの着け方と電子音と適性が有れば誰でも変身できる点と爪が有って携帯電話を使う点、狼男が仮面ライダーに変身する点、蜘蛛ファンガイアと海堂直也の変な性格、パワードイクサとサイドバッシャーが似ている。
・『仮面ライダー電王』とは、特殊な場所で待機している怪人が気弱な主人公に憑依する、巨大な怪物同士が戦う、金髪の関西人、ライジングイクサの仮面部品の移動表現が似ている。

平成28年3月17日
1
残飯漁りをするバイオリン職人が変身して女が戦っていたファンガイアを倒す
・いきなり葬式から始まる。
・第一話なので蜘蛛怪人。
・主人公はマスクドライダーに因んでいるのかマスクを着けている。
・この世の全てにアレルギーが有るなら、マスクにもアレルギー反応が出ないか。
・また飯描写。
・主人公は残飯泥棒という酷くみっとも無い犯罪を働いている。
・1986年に男が体脂肪率を気にしていただろうか。タニタが世界で初めて体脂肪計を売り出したのは1994年。
・主人公は顔を隠す生活を送っているのに髪を茶色に染めておしゃれしている。
・主人公が美形だと判明した次の瞬間から女は残飯泥棒相手に優しく成っている。
・でかい竜は空を飛んでいるが普通の人には見えないのか。
・展開を詰め込んでいる。
2
蛸怪人は自分の敵の娘と戦いバイオリンを直して貰った主人公に倒される
・主人公はマスクを外して外出している。また泥棒を働いている。
3
主人公の父であるなんぱ男は酷い人間だったが今では賞金稼ぎでキバを敵視していると判明
・朝晩新聞
・犬が懐くのは珍しいネタ
・ファンガイアの殺し屋はすっかり主人公と親しく成っている。
・ドイツ人の金融業者という変な設定。
・「ヤッチマイナー」「イターイ」
・主人公はどういう理屈でファンガイアの場所を知覚できるのか。
・怪人が飛び蹴りを放った。
4
父に惚れていた女弁護士はファンガイアの正体を明かし主人公の青形態で倒される
・主人公は中々服がおしゃれ。
・主人公は賞金稼ぎが父親だと確信が有ったのではなく単なる希望だったらしい。
・「ライダーシステム」と「ライダー」という単語が出て来た。
・女弁護士は22年経っても外見が変わらない。ファンガイアは年を取らないのか。キバの正体が主人公でも驚かない。
5
なごに弟子入りしファンガイアであるストーカーと共に付け回した殺し屋が母親同様攫われる
・チャッカーズ
水着回
・機械蝙蝠はファンガイアを羊だと言っていたが、羊には見えない。
6
今と昔の誘拐犯同士が戦いセーラー服男が主人公に憑依する
・殺し屋は母娘揃ってストーカーに狙われている。
・和星大学病院
・22年前に青犬が蜘蛛怪人を倒し損ねたせいで娘が狙われている。青犬はくれない父を遊園地に案内してからやられる迄の間どこに居たのか。
7
22年前から人が狙われているレストランを調査し青犬が人を襲う
・主人公はいつの間にか携帯電話の番号を殺し屋に教えている。
・素晴らしき青空の会は22年もレストランのファンガイアを放置していたのか。
8
下の階の女子高生と潜入捜査しセーラー服が殺し屋母を襲い巨大な敵を城竜が倒す
・おたく
・機械蝙蝠の声は女子高生に聞こえても殺し屋には聞こえないらしい。
・レストランのファンガイアは執事を目覚めさせた様だがすぐにやられてしまった。
9
青犬は正体がくれない父にばれなごはイクサに変身してバイオリン修復者と戦う
・殺し屋は「そうちゃくしゃ」が言い難そう。
・素晴らしき青空の会は20億円をどう工面したのか。
10
イクサがバイオリン修復者を倒す
・親子揃ってブラックスターの作者を助けている。
・なごは主人公がファンガイアという単語を知っていても驚いていない。
・イクサは倒したファンガイアのライフエナジーを城竜の様に回収していない。
11
ギター活動を始め青犬は過去イクサを装着しなごイクサはバイクでキバを攻撃する
・『嵐を呼ぶ男』のパロディ「嵐を呼ぶドラマー」。
・なごは単純に「キバ」という単語だけで主人公に誰を指す言葉なのか伝わったと思っている。キバという単語は人に知られているものなのか。
12
殺し屋母は素晴らしき青空の会を脱し主人公は城から呼んだ合体バイクでイクサを倒す
・初対面の男を殴るなごは只の暴力親父。
・食事回。遊園地回。
・主人公はバイオリン無しでファンガイアの出現とその場所を感知している。
・イケメンズはほぼ初心者の主人公にボーカルを任せている。
13
すさんだなごは逮捕されくれない父がイクサに変身し青犬と戦う
・食事回。水着回
・油料理であるお好み焼きをギターや服の有る部屋で作っている。
・服を着た儘按摩を受けている。
・主人公が親の形見で演奏した。
・スポンサーの大塚製薬オロナミンC
・くれない父はすりが得意。
・『セーラー服と機関銃』のパロディ「快感」。
・くれない父は手に入れたばかりのイクサの使い方を心得ている。
14
イクサの新装備が開発され主人公は紫に変身して詐欺師ファンガイアを倒す
・将棋指しはドミノ倒しで遊んでいる。
・「ねー」
・殺し屋は女子高生の頼みで身辺調査を行っている。モデル業とファンガイア退治は暇なのか。
・関西人は一瞬で絶交している。
・くれないと殺し屋母は青犬の友達の按摩屋に行っているがこれは偶然なのか。
・またオロナミンC
・『仮面ライダー電王』の決めセリフ「俺、参上」のパロディの「僕、参上」。マーマンの一人称が僕である点も『仮面ライダー電王』のウラタロスに倣っている。
15
青犬と殺し屋母が戦った仇は記憶喪失と成り拾った主人公とも戦う
・ファンガイアが街中で堂々と人を襲っているが警察は何をしているのか。
・女子高生は「ザリガニは、元々の水の中にいる訳で、溺れたりしません」と言っているが、ザリガニは溺れる。
・殺し屋母は抵抗無くくれない父にあーんをしてあげている。
・食事回。
・大ちゃんは記憶喪失というより知的障害者
・女子高生も世話焼き。
16
青犬とくれない父に勝ったルークは記憶が戻り呼んだ巨大怪獣がパワードイクサにやられる
・定食屋の主人は大ちゃんが手も洗わず粉を捏ねているのに注意もしない。
・女子高生は耳の周りが変に刈り上げ。
・大ちゃんはその儘主人公の家に住んでいるのか。
・殺し屋は無関係である筈の主人公にファンガイア調査について話してしまっている。
・同時変身は盛り上がる。
・城竜はなごには見えている。

平成28年3月23日
17
くれない父は家庭教師をし主人公はアーチェリー女と出会い青犬はイクサに使われキバを攻撃
・ボタンの無い犯人にはどう接しているのか。
・主人公はハーレム作品の様に女との遭遇が多い。
・「弾けぇっ!」
・ヒトデファンガイアは何故なごを殺さず別の人間を襲い出したのか。
18
演奏会は成功するもバイオリンは止めアーチェリー選手を目指し3人同時に力を借りる
・漸くファンガイアの攻撃について警察が頼りにされた。
・父親の言葉が人を介して息子に伝わっている。
・緑半魚人の役者はまだ演技に照れが有る。
19
けんごが主人公を助けくれない父が乗り移りなごは22歳と判明
・「おニャン子クラブ
・1話の葬式に次いで結婚式での戦い。
・けんごは喧嘩別れしたのに謝罪も無く親しく成っている。
・「嘗て、キバは人類を破滅へとよこもどした」とは何と言っているのか。
・くれない父の剣玉はうまいし面白い。
・「うまいな」
・犬が成長している。
・「この世に嫌いな物が2つ有る。どこもひゃくとあほなガキ」とは何と言っているのか。
・ぴなふ○あメイドカフェ
・突然メイドカフェから駆け出した主人公を店員は笑顔で見送っている。前払いなのか。
・何故キバはファンガイアを倒さずに帰ろうとしたのか。
・新曲が流れる。
・前回迄キバットが風邪をひいていた事には何の意味が有ったのか。
20
殺し屋は足を痛め女がルークを止め仲間を殺しキャッスルドランとパワードイクサが共闘
・ファンガイアには紐で縛って人質を取る知能は有る。
水着回
・何故6月の夜中の競技場に火を焚べた鍋が有るのか。
・変身できなかった母親の無念を娘の殺し屋が晴らすのかと思ったが違った。
21
さくらい幼稚園パンダ組のくれない父は幼馴染みと会い紫男は人を襲い変身する
・「婚約指輪だうはははははは」
・「頂きもす」
・指相撲
・なごはただの短気な説教親父。
22
主人公はみおとデートし殺し屋母は青犬との婚約を見送りクイーンが人を愛する仲間を殺す
・久し振りの入浴。
・何故ブランド服を着た女は人間の店長を見ただけで慄いているのか。
・ラグジュアの緑の服は誰が買ってくれない父に渡したのか。
・みおは臭いの着く職場でおしゃれな服を着ている。
・伏線 みおを襲ったファンガイアは何かに気付き驚く
・22年振りに紫男はカメレオンファンガイアと再開している。
23
紫男が女に惚れ青犬はくれない父を倒す
・素晴らしきオムライスの会
・現代の店長は34+22=56歳には見えない。
・「未だ死にたくない」
・「まあまあだな」
24
紫男が告白した殺し屋母に青犬は正体を見せ諦めみおはチェックメイトフォーと判明しキバは新形態に変身
・くれない父は大ちゃんの様に拾われている。
・紫男は殺し屋母相手に告白しているが、青犬は特に反応していない。
・「もう一度お願いします!」
・熊ファンガイアの「お前等、俺を騙してたのか!」はなごたけの事を指しているのか、みおの紋章の事を指しているのかが分からない。
・熊ファンガイアはキバの新変身形態に片手で持ち上げられるという表現を前提として、紐で吊り上げる為に背中が分厚く造形されていたのか。
・恋愛の決着、青犬の正体、新変身形態と話が急展開。

平成28年3月24日
25
クイーンのみおが襲われ蜘蛛怪人がイクサナックルを奪い記憶喪失のくれない父にクイーンが嘘をつく
・なごの説教に対する殺し屋の変な表情は面白い。
・「1度目偶然2度奇跡3度目必然4運命」
・くれない父の浮気癖が消えている。
・記憶喪失展開は伏線も何も無くて唐突でご都合主義。
・新しい変身仲間であるタツロッドについて何の説明も無い。
26
蜘蛛怪人がイクサに変身しビショップに命じられたみおに殺される
・「おかーさん何あの人ー」
・蜘蛛怪人の堂々としたストーカー行為は恋愛として処罰されないのか。と思っていたら処罰された。1話から生き残り続けている面白い登場者で殺されるのは惜しいが、この盛り上がりの為なら仕方無いだろう。
・みおは主人公の家に上がり込んでいるが鍵はかけられていなかったのか。
・殺し屋母は子供の頃に失くした指輪を一目で認識している。
・腕時計と薔薇を砂浜に置いた事は何の伏線でも無かった。
27
青空の会会員が逮捕されライジングイクサに変身したなごは青犬に助けられ過去に行く
ライジングイクサの口元が携帯電話に成る機構は変。
・「お揃いのばっきゃっぷと、パジャマと」とは何と言っているのか。
・「ねえ音やん」
28
なごはたいがの母であるクイーンへの初恋が破れ渡したボタンを主人公か持っていると知る
・「芸術家のかたどしてインスピレーションを吹き込む」とは何と言っているのか。
・「たすかりかくても痛い」とは何と言っているのか。
・「ミンミンファンガイア」
・「この場のたなあしはイクサに有る」とは何と言っているのか。
・「なんじゃこりゃあー」という『太陽に吠えろ』のパロディ。

劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王
復活したレジェンドルガに仕えるライダーシステムを開発したスリーダブリューエーのしらみねが変身しなごに倒され主人公は高校に入学し時空を行き来し怪物化し親子で巨大な敵を倒す
刑務所 脱獄囚 高校 タイムスリップ 遺跡 警察 女装 ゾンビ 誘拐 変身妨害 文化祭
・外国人がファンガイアに変身したが、外国にもファンガイアやライダーシステムは存在するのか。
・森羅高等学校
・黄色い字の泣けるでー、「答えは訊いてない!」、「僕に詰まれてみる?」という『仮面ライダー電王』のイマジンの決めゼリフのパロディ。
・主人公は中卒だったらしい。新入学なのに転校扱いされている。バイクに乗っている事から16歳以上だろうが、乗っているバイクは18歳以上でないと運転免許の取れない大型自動二輪にも見える。警邏車を運転しようともしていた。
・22年間で死刑囚とマスターは全く歳を取っていないのに死刑囚だけが歳を取らないから人間ではないかも知れないと疑われている。
・主人公はみんなに正体を知られておりキャッスルドランの面々とも会話している。29話冒頭を観る限り映画は29話前に観る事を前提としているが、28話の直接の続きではないらしい。紅父がイクサとして認められた後ではある。素晴らしき青空の会に主人公の正体が知られ、けんごと友達で、しまが生きている事から41〜43話の間だろう。
・紅父は未来から来たと述べる人間と出会うのは2度目の筈だが同じ反応を示している。
・主人公は任務とはいえ警邏車を奪い女を拉致しようとしている。それなりに強い紅父を一発でのしている。
・誘拐で逮捕されてから拘置所も行かずにすぐに刑務所送りにされている。
・刑務官ファンガイアは何故変身したのか。榊原目当てなのか死刑囚目当てなのか。
オロナミンC
・時間移動をして子孫に会っているのに大して驚いていない。紅父は現代社会に驚いていたが、主人公に憑依してインターネットを使った記憶は存在しているのか。
・主人公と殺し屋が紅父と殺し屋母の間に生まれた子なのかは問われていない。
新宿三丁目駅前で女装させている。話には全然関係無かった。
・「スパゲッティ時々俺」
・紅父がなごと再会したのはなごの変身が解けた一瞬のみ。顔は見えていたのか。
・殺し屋母娘共闘は燃える。同時イクサ変身は盛り上がるがあれだけ変身に憧れていたのに何の逡巡も無くあっさり変身した点は味気無い。
・母親から放置されれば嫌うのは当然なのにつくえは紅父に説教されていて可哀想。
・主人公は怪物化していたがあれはファンガイアなのかレジェンドルガなのか。
・つくえは先生がファンガイア化して生徒を襲った教室に居残って独りバイオリンを弾いている変人。
・キバがキャッスルドランと合体して巨大化という何でもありな倒し方。
・けんごは元に戻った描写が無いまま文化祭に参加している。レジェンドルガに乗っ取られた人やファンガイアは死刑囚が死んだ後元に戻ったのか。主人公は携帯電話と二千円札は返して貰ったのか。
・色々と詰め込まれた内容。
29
殺し屋が弟に脱会を勧められ女子高生がみおに嫉妬し婚約者だと偽りルークは良い事を目指す
・冒頭の本編を短く纏めた映像が無くなった。
・ルークと遭遇した青犬は画面が小さくてサングラスをかけていたかどうか分からなかった。
・ルークは何故青犬を殺さなかったのか。変身が解ければ満足なのか。自分から立ち去っているのに再開した時「今度は逃がさん」と言っている。
・青犬は殺しかけたくれない父を何事も無かったかの様に頼っている。
・「三角食べ」
・ルークが襲うのを止めたのは過去と現代どちらなのか分かり難いが、3人目の男の後ろには『2008年盆踊り大会』とわざとらしい幟が立てられている。
・過去と未来の同時表現。
30
けんごは指が治らず殺し屋母は紫男と緑男の正体を知り主人公の正体がなごとビショップにばれる
・「げしょう」
・殺し屋は会長に有耶無耶にするという宣言を有耶無耶にされている。
・殺し屋母娘は同じ相手に同じ場所を怪我させられている。
・青犬は殺し屋母とは24話の誘拐以来の再開なのになんの挨拶も無い。
・けんごの「なんでらんをしたんや」とは何と言っているのか。
・けんごはまた絶交している。
・主人公の家は風呂の手前に寝床が在るが、布団が湿気らないか。
・なごは一緒に風呂に入ったが特に話に意味は無かった。
・ミスターレッドマン
・ルーク迄もキングに成りたがるファンガイアを馬鹿にしている。クイーンは望んでなくても押し付けられるがキングは努力して目指せるらしい。
・紫男は体が木にぶつかって、殺し屋母に後頭部を叩かれたのにおでこに血が流れている。
・ルークのゲームのルールをみんな理解している。
・殺し屋は人前で武器を振るっているが、素晴らしき青空の会の活動は同業者にも知られているのか。
・何故かなごがテレビ局にいる。
31
キングが現れ過去ルークと殺し屋母娘がイクサに変身し殺し屋は仇を討ちりおが変身しキバを襲う
・「モディリアーニのねーちゃん」「第一話参照」
・冒頭の本編を短く纏めた映像が復活した。
・主人公は「今迄黙ってて」と言っているが、序盤で一度告白している。
・殺し屋母は都合良くルークに遭遇している。
・殺し屋母娘の同時変身は燃える。劇場版はこの話の後に観るべき。
・過去ルークは殺されても死なないというずるい存在。
32
ビショップは全てのファンガイアを管理しクイーンとキングの子であり主人公の友達のたいが社長は人間の進化を妨害しクイーンはくれない父に正体がばれ新たな仮面ライダーが登場
キバット達はりおには姿は見えないのか。
・「ボタン集めの為とかですか?」「違う!」
・たいがとは初対面と同じ再開方法。
・たいがの会社が昔から人間の進化を妨害していたという事は、今迄倒して来たファンガイアも会社の手先だったのか。
・紫男は何故クイーンの正体を知ったのか。

平成28年3月29日
33
クイーンはバイオリン作りを教え新ライダーのたいがの婚約者と知られたみおは主人公に告白する
・たいがは変身して何をするでもなく落ちて来た壁を砕いただけ。
・主人公がその場しのぎでついた嘘は意気地が無いだけでなくみおに対してもたいがに対しても卑怯。
・なごはまた勝手に主人公の家に入り込んでいる。
キバットはなごにも見えている。
・くれない父は堂々と自宅で他の女と親密に成っている。
・たいがライダーは必殺技がキックではなく吊し上げ。
34
東京出身のけんごが会員に成りファンガイアを改造する元会員が現れりおは前クイーンに会う
・たいがもこの店の常連に成りかけている。
・遊園地回。
・新曲が流れる。

平成28年3月31日
35
青犬と初対面した主人公はたいがに攫われたみおが好きと明かしキバが竜に変身する
・青犬と主人公が対面するのはこれが初めて。青犬は主人公の様子を城から観察していたのか。
・装置は簡単に壊れている。
・羽根の生えた蛇
・主人公は戦闘中なのに呑気にバイオリンを弾いている。
36
ザンバットソードが抜けずみおは主人公に告白したいがはキングとクイーンの子と判明
・たいがは研究所に攫われたみおをちゃんと助けたのか。
・女子高生は駄目男好き。
・みおはけんごに恋愛相談をする程仲が良かっただろうか。
37
主人公はみおに告白し3人が合体したザンバットソードを使いそれぞれが正体を明かす
キバット達もご飯を食べている。
・動物がスパゲッティを二匹で食べていてキスという『わんわん物語』のパロディ。
・たいがは何故みおの待ち合わせ場所が分かったのか。
・たいがは親友の事を悪く言う酷い男に成り下がってしまった。
38
たいがと主人公はクイーンと会いけんごはイクサに変身し変身したキングが青犬と戦う
・ビショップの座っている椅子は机に囲まれている。何故こんな変な置き方をしたのか。
・753
・飛行機雲が2008W。
・何故待ち合わせも無しに土手の前で会えるのか。
・なごがすっかり情け無く成っている。
・主人公とたいがの戸籍はどう成っているのか。
・再生怪人回。同時変身回。
39
主人公は青空の会に正体を明かしみおにたいがを倒すよう頼まれけんごに襲われるもビショップに助けられ殺し屋母はクイーンの正体を知る
・主人公は道を歩いているだけで連絡も無しに偶然たいがやみおに会えている。
・主人公を殺そうとするけんごは酷い。
40
主人公は戦いを拒否しなごイクサはたいがにやられ3人はキングにくれない父を殺せと命じられる
・「アンコール・名護イクサ爆現」という変な副題。
・1話振りのこの世アレルギー。
・ビショップに飛びかかったなごの「らんぶ」とは何と言っているのか。
41
封じられた3人が殺す事を諦めまやに惚れたくれない父はキングと戦いけんごは関西弁に戻る
・10000t
・青犬は、自分から殺し屋母を奪っておきながら浮気し、そのせいでキングを怒らせたくれない父に優しい。敵であるファンガイアのクイーンをキングから奪った事を評価しているのか。
・けんごは都合が良い。
・なごイクサは何故かビショップに勝てている。
42
みおはクイーンとして仲間を殺したいがに助けられたしまがファンガイアに成る
・料理回。
・キングはくれない父の殺し方が回りくどい。
・みおが悪女化して来た。
・「僕の物に成れ、わたる」
43
みおはしまを殺したたいがを結婚式で殺しかけるも庇って死にキングはクイーンから力を奪う
・しまはしまを襲ったファンガイアと同じ姿にされているが、しまを襲ったファンガイアと融合させられたのか。能力の移植には以前ファンガイアを操っていた技術者の技術を使ったのか。
・たいがは結婚式には呼ぶとクイーンに約束していたが、みおの要求通り二人切りで済ませている。
・たいがの血は青い。
・みおは迷惑な存在。
44
殺し屋母が別れたくれない父がクイーンと付き合う事を主人公は過去に戻り妨害する
・前話が悲しい終わり方だったのに今回はギャグから始まる。
・劇場版で出会った事は無かった事に成っているらしい。
45
みおを殺したビショップが裏切りくれない父がキングのキバに変身
・2人はバイオリンを置いて逃げている。
キバットは親子で対面しても特に喜んでいない。
・ビショップはキングに対してヤンデレ
・劇場版では主人公がくれない父の腹を殴って眠らせていたが、今回は逆にくれない父が殴る側。
・くれない父は空き巣を働いている。
・みおの死体から現れた幻覚で踏ん切りが付いている。
46
親子でキングを倒し主人公とたいがの対決の最中ビショップの再生怪人が襲いかかる
・再生させられた怪人は以前大鎌ファンガイアが再生させたのと同じ怪人。
・くれない父は3人の前で消えて死んだのかと思ったが消えていなかった。
・ビショップは何故か自分がキングに成る気を持っていない。
47
しまは復活したいがは解任されクイーンを殺し闇のキバに変身し主人公はキングを宣言
・しまが生きていたという展開は都合が良くて納得いかない。
・なごのベルトの左側には3人の部品が揃っている。
・役員会という謎の組織が突然登場。
・くれない父はクイーンといつ子作りしたのか。
・キングの服はキャッスルドランに有ったのか。
48
主人公と社長復帰したたいがは真のキングを倒しクイーンは生きており殺し屋はなごと結婚し未来人まさおと共にネオファンガイアに挑む
・ビショップもたいがもキャッスルドランに入り込めている。
・視力を損なったなごを戦わせる殺し屋は酷い。自分がイクサに成ったらどうか。
・闇のキバも腰に3人の部品を揃えている。
・主人公はたいががクイーンを殺した事を不思議な位責めていないし、そのクイーンも生きていて拍子抜け。
・主人公は何も知らないたいがに父である真のキングを殺す手伝いをさせている鬼畜。たいがは母は殺さなかったが父は本当に殺してしまった。かと言って、説明している余裕は無かった気もする。
・しまが殺し屋と一緒にバージンロードを歩いているという事は殺し屋の父は死んでいるらしい。
・あれだけ恋愛関係を不潔と捉えていたなごが結婚するという落ち。
・和服を着て目立っている男は誰かと思っていたが殺し屋弟だった。
・たいがはキバと対等だと認められたからかあっさり社長に戻っている。
・孫迄現れるという楽しい終わり方。子供がわざわざタイムスリップして昔の父親を頼りに来るという事は、22年後には主人公は死んでいるのか。主人公はネオファンガイアに殺されたのだろうか。