玩具の感想

■ZURU Tangle(タングル)
平成30年10月26日
・タングルのロゴは汚れの様に見えるし印刷の凹凸には違和感が有るので無い方が良い。
・容器裏面の模様はタングル クレイジービタミンとタングル メタリックゴールドで色が違う。
開封時には形を維持できた程の摩擦は、弄っている内に少なくなりクタクタに成る。

・タングル メタリックゴールド 金鍍金は弄っていると剥がれる。静電容量方式のタッチパネルを反応させられる。タングル クレイジービタミンより外れ易い。
・タングル クレイジービタミン 平成31年1月3日特に力を入れた訳でもないのに透明な部品の凸部が折れた。平成31年1月4日更にもう一つの透明な部品の凸部が折れた。確認したら他の透明な部品も凸部に白い折れ目が見えたので、折れる前に捨てる。平成31年3月24日水色の部品の突起が折れる。


ミニ四駆
・ベルクカイザーの片側にのみキャノピーが有る造形は『特捜ロボジャンパーソン』のダークジェイカーに似ている。


海洋堂 リボルテック
・低価格、可動、部品交換可能、造形力を併せ持った点は玩具業界の一つの革命。存分に褒めて良い商品ではあるが、海洋堂自画自賛は鬱陶しい。
・『新世紀エヴァンゲリオン』の商品が多過ぎるが、他社からは出ない作品のフィギュアが多い点は嬉しい。
・大きいか重い商品はリボルバージョイントを大量に使うせいでどうしても姿勢を維持できずふにゃふにゃ曲がってしまう。
・品質はバンダイ程ではなく、リボルバージョイントの直径と挿し込み穴の直径が部分によって異なる。リボルバージョイントが売りにしている関節のへたらなさ、可動の固さ、捻じりに対する耐久性も個々で異なる。組み換え遊びを前提としたアッセンブルボーグを触ると、この欠陥のせいで弄るだけで手が痛んで苛々してくる。
・山口勝久原型の商品は頭部が不自然に小さい。どう動かしても格好良い姿勢が取れるが、逆に自然な姿勢は難しい。


購入日:平成25年11月6日 使用日:平成25年11月7日
海洋堂 カプセルQミュージアム イモコレ! 4.シンジュサン 300円
総評:着想は面白いし評価するが完成度が低い。ベンタブル構造は売りに出来る程曲がらない。

・銀の天使が入っていた。肉付きが良い。
・ベンタブル構造で曲がるという触れ込みであったが、本体が固くて曲がらず特に横方向には全然曲がらない。これはとても残念。
・見た目はやはり作り物の様。『本物と見紛う』という程の完成度ではない。
・体表面の刺と体裏面の足のせいで全身刺だらけ。材質が硬いので握ると痛い。
・平成25年11月7日から携帯電話に付けていたら、平成25年11月24日に紐先端の螺子と本体部が外れてしまった。螺子を回して埋め込み直すとまたしっかり固定されたが、これでは怖くて使えない。仕方無いので日常付けるストラップは別の物を探す事にする。