漫画の感想

士郎正宗小林よしのりは欄外への書き込みが細かい。
・女性作家の漫画は、書き文字も活字も字が細くて小さくて読み難くて苛々する。日記漫画や4コマ漫画でこの傾向が強い気がする。
尾山泰永
強姦、寝取られ、淫乱な女
話は稚拙。絵は下手。展開はどの話も同じ。
女があっという間に脱がされて強姦されている。


怪盗ジョーカー
・泥棒が変装できるガムを使う点は『ルパン三世(TV第2シリーズ)』117話の変装用ガムと同じ。


■『糞神島』 | コミクリ! - 無料マンガ試し読みサイト https://kodansha-cc.co.jp/comic/mizuki29/
2/5 平成31年4月12日
・絵は丁寧だが話は設定の極端さが目立つだけで面白くない。
・糞が肥料と成って木が育つのに畠が無いという理屈は分からない。
・奇妙な文化は信仰に基づいているとして片付けられているが、不便さの割に恩恵が少ない気がする。


青年漫画の感想
■宇宙警察ミーティアわんわん 古賀亮一
平成27年3月15日 2時間5分
・単行本中表紙はおまけページ無し。只の青字。
・コマ数とセリフの字数が多い。
・おまけページだけ写植が無い。
・パロディネタは『ニニンがシノブ伝』よりずっと少ない。


よつばと!
・86話「きゃりーぱむぱむの!」に続いて87話「これはプリキュア!」で、よつばもしっかり現代っ子だと描かれた。
・87話「え なにそれ怖い」
・87話 借家の貸し手は知り合いで、とーちゃんの名前が葉介だと判明。
・89話「とーちゃんみて!おにぎりいっぱいつくりすぎたよ!」


ぱにぽに
・通貨単位 銀河 オレリンガルが60万銀河
・言葉を呟くメソウサは『クマのプー太郎』のしあわせウサギと似ている。
・背の高く呑気な性格の白鳥鈴音と背が低くカリカリした性格の秋山乙女の二人組は『トライガン』のミリィ・トンプソンとメリル・ストライフの二人組と似ている。
・頭身の高い絵だと絵の下手さがはっきりする。
・絵が簡略化されている為、横棒の目に馬蹄形の涙が流れている絵は、涙なのか眼球なのか判然としない。


パンドラちゃんねる
平成29年8月20日
1-3
3/5
・主要登場者は2人と、登場者の多かった『ぱにぽに』とは真逆の世界。
・2人は打ち解けていて、泥棒と使役役には見えない。


■風俗王 平成29年9月26日
1巻 3/5
・展開は良い意味で漫画的。主人公にとって都合良く進むが無駄が無い。業界漫画としてちゃんと読める完成度。


トクサツガガガ
1-3巻 3/5
おたく 特撮 趣味
・表紙デザインは雑誌っぽい。
・1話では本棚にてれびさんが並んでいるが、12話ではてれびくんは買った事が無いと説明されている。
・声に出しているセリフと、脳内での思考とが混ざり合っていてややこしい。
・本筋に関係無いセリフが多くページあたりの字数が多い。
・獣将王シシレオーは、テレビ番組であれば素顔でいる様な生活的な場面でも変身している。
・毎回毎回特撮を絡めていい話っぽくまとめているが、ややくどいし主人公の思い込みの強さで理屈が成り立っている。教訓じみている点が魅力でもあるが生真面目過ぎる。
・主人公は些細な出会いをした相手とすぐ仲良く成れている。


花園メリーゴーランド 平成29年9月14日
1巻 3/5
エロ 田舎
・丁寧に描かれた田舎因習もの。非日常的な出来事が、いかにも有りそうな感じに自然に描かれている。
・中学生がバイクに乗っている。


フランケン・ふらん 平成29年9月14日以前
1巻 3/5
グロ 手術 博士 猟奇
・絵柄は山口貴由に似ている。
・3話 捨てた体の方が本体で治療した方が人面疽という落ちかと思ったが違った。
・5話 天使博士は死神博士を演じた天本英世が元ネタなのか。
・6話 犬顔人体の執事がいるが、人顔動物体の沖田の体は猫。
・7話 頭骨内に肺は有るのか。
・短編集は意味が分からない。


ヘルプマン! 平成29年9月14日
1巻 2/5
社会派 老人介護
・画風、説明調なセリフ、展開の早さは完全に少女漫画。
・老人介護の現場が分かり易く描かれている。
・表紙デザインが10巻以降で大きく異る。


三国志 横山光輝 平成29年4月22日
1巻 2/5
・コマ割りは単純だがそのおかげで読み易い。
自殺 和尚 黄巾族に見付かれば殺されるから 投身


ボクガール 杉戸アキラ 平成28年10月25日
1-2巻 2/5
・不必要に説明調でセリフの流れがぎこちない。
・ロキという神様の気まぐれで性転換が起きるという展開はやや都合が良い。
・大ゴマが多いという理由も有るが密度が薄い。


プロレススーパースター列伝 平成28年6月4日
1巻 3/5
・面白いがどうも登場者の正格が悪人と善人にくっきり分かれ過ぎている。
・「"大熊ネコ"ベアキャット」はパンダの事なのか。


■ぷあーなんてもうしまい
設定は『貧乏姉妹物語』と同じ。


アカメが斬る!
レオーネは見た目が『錬金3級まじかる?ぽか〜ん』のりると似ている。


神さまの言うとおり 平成28年4月28日
1巻 2/5
・設定が突飛なのに伝え方が雑。高校生が殺されて数人だけ生き残るという点は『バトルロワイヤル』を手本にしている。


ルパン三世 平成28年4月9日
・絵が雑で読み難い。
・失敗したのか意図通りなのか解り難い場面が多い。
・話は無理と突っ込み所が多い。乱暴な空想科学作品。


紅殻のパンドラ 平成28年1月8日
1-4話 3/5
六道神士らしいギャグ。
・書き文字と絵の区別が付き難い。
・変な博士と女の子のロボットは同作者の『エクセル・サーガ』と同じ。


ギャングース
1-3巻 2/5
・犯罪者を狙う犯罪者というピカレクスもの。
・みんなそれなりに有能。3人の性格は記号的で現実味を感じない。
・手口が現実的でために成る。
・雑学紹介とギャグを無理に挿入している為にすらすらと読めなく成ってしまっている。情報をうまく削れていない。
・親から虐待を受けて『北斗の拳』に因んだ傷跡を付けさせられるという展開は実際の虐待児童の体験談を元にしている。


少女ファイト 平成27年12月8日
1〜2巻 3/5
・バレーボールのルールが分からないので楽しめない。
・首が前に突き出ている。
・登場人物が多くどれが誰なのか、それぞれがどういう関係なのか分かり難い。
・どうでも良い設定が細かい。
・みんな見た目も中身も大人びている。学は背が高いから女子大生でも通るし、男子バレー部キャプテンは40代にしか見えない。
・鎌倉沙羅は『スーパースリー』のマイトっぽい。
・陣内監督は常時喪服で只の変質者。
・同級生がトレーナーという設定は無理が有る気がする。給料は貰えているのだろうか。


■ちいさいひと 青葉児童相談所物語
1-2巻 4/5 平成27年10月11日
虐待 事件 役所
・やけにややこしい題材だなと思っていたらやはり編集長が主導した企画だった。
・実際に起きている事件であるからこその迫力が有る。
・いつもはおっちょこちょいでチームワークを乱すも仕事には才能を発揮し辛い過去を持つ、という主人公の設定は記号的。


■大東京ビンボー生活マニュアル
1巻 2/5
生活 貧困
・あまりに貧困な生活で読んでいて物悲しく成ってくる。
・何故主人公は友達や彼女や親戚に恵まれているのか。


妖怪ハンター 平成29年4月25日
1巻 3/5
・考古学と民俗学の知識に基づいた『ウルトラQ』の様な作品。
・古語は読み難いし話は盛り上がる類のものではないが独特の空気が楽しい。


ヴィンランド・サガ
1〜2巻 3/5
・父親が現代日本と同じ倫理観を持っていたり合気道の様な術を使う点は違和感を覚える。
・6歳の子供が4歳の子供を骨折させられるものなのか。
・軽いノリが歴史物の重厚さには合わない。


魔法少女プリティ☆ベル 平成27年9月23日
1〜3巻の途中 1/5
・卵白しか食べない筈のボディビルダーが卵黄も食べている。
・3巻の「いやだから公共事業はだなっ」の書き文字は読み難い。
・ロボットは劇中で言われているガンダムよりも『蒼穹のファフナー』や『コードギアス反逆のルルーシュ』のロボットに似ている。
・絵は下手。絵が下手なせいで誰が何をしているのか分かり難い場面が多い。
・物語に関係無い設定を細々と語っているせいで無駄にセリフが多い。設定を披露して自己満足している作品。


血界戦線 平成27年4月9日
1〜2巻 1/5
・字が下手で読み難い。描き込みもごちゃごちゃしていて読み易さに対する配慮は無い。線を減らしたらどうか。凝った読み仮名も漫画を読み難くしているだけ。
・作者の考えた格好良いセリフを流れに沿わずに入れているので興醒めしてしまう。
・設定や単語単語が格好付けで読むのが辛い。
・犬女の猿という悪口が、音速猿を指しているのかと思った。


オリハルコンイカル 新装版 平成27年7月9日
1〜2巻 2/5
絵はこてこてのオタク絵。世界観設定も登場者の性格設定も安直。何かの作品で見た展開ばかりで中身が無い。話の分かり易さは今すぐコロコロコミックに載せられる位。
・セリフが不自然に長過ぎる。物語を進める為の説明的な会話しかしていない。
・主人公は善人過ぎて生気を感じない。
・主人公はいつの間にか念話を体得している。
・『太陽戦隊サンバルカン』のパロディ。
ワンダーフェスティバルも山口勝久も実名で登場しエレベーター事故ネタも描かれている。
・次第に『ポケットモンスター』の様に持ち主がフィギュアを戦わせる展開に成っている。
・水刃は偉そうな割に弱い。
・「泣けわめけッそして死ぬのだ!!」という『冥王計画ゼオライマー』のパロディ。
・想像するだけで腕が再生するという設定は便利過ぎないか。
・続きを気にさせた所で終わる。
・設定集の設定は劇中に全然反映させられていない。
・レイカルは19cmなのに5.5kgも有る。
・主人公は劇中だとそう大きく見えないが設定上は身長が190cmも有る。
・削里は34歳よりずっと若くみえる。
・長い間低級オリハルコンを狩ると胴体デザインが近付くという変な設定。
ラクレスは合体しても姿はあまり変わらない。
・おまけ漫画は意味が分からない。


都立水商! 平成27年1月15日
1巻 2/5
週刊ヤングサンデーらしい猪熊しのぶらしいよくあるラブコメもの。物語は雛形に嵌ったもので意外性は無い。


■恋花温泉 平成26年8月27日
1巻 1/5
話に捻りが無くただエロを描いているだけの中身の無い酷い漫画。キャラクターの性格設定もありきたり。


まじかるストロベリィ 平成26年8月31日
1巻 2/5
ヤングアニマル作品にしてはびっくりする程ほのぼの系。登場人物は2〜3人。字が女作家の様に細かい。


ユリア100式 平成26年8月31日
1巻 3/5
ちゃんと面白い。女の子を家に住まわせて性的な目で見ないという主人公の性格設定は謎。泊めるだけで十分浮気ではないか。


ゆびさきミルクティー 平成26年8月28日
1巻 1/5
コマがぎゅう詰めで読み進め難い。セリフの流れがぎこちない。女装作品の主人公にしては主人公が強気だったりあっさり女装がばれたりと珍しい展開が多い。


うそつきパラドクス 平成26年8月31日
1巻 2/5
読んでいて軽くストレスの溜まる丁寧な漫画。純愛を素直に描かない点はこの作家らしい。主人公は強引な癖に後一歩の所で律儀。みんな名前が百貨店から取られている点が読んでいて気に成ってしまう。


■オレたま 〜オレが地球を救うって!?〜 平成26年8月31日
1巻 2/5
馬鹿な設定だがちゃんと話が成り立っている。


ゆりキャン 〜ゆりかのキャンパスライフ〜 平成26年8月31日
1巻 2/5
同作者の『オレたま 〜オレが地球を救うって!?〜』と同じく毎度苦難を乗り越えるという料理対決漫画の様な形式。とことん馬鹿を見せる作品。


ちょこッとSister 平成26年8月31日
1巻 3/5
可愛くて面白い。設定は『めぞん一刻』に似ている。


フロッグマン 平成26年8月31日
1巻 1/5
絵は下手。水泳帽子も水中眼鏡も使っていない。ヒロインは無条件に世話焼き。ツンデレもこれという動機無く主人公を気にかけている。主人公はいじけ過ぎ。主人公席。


■おふらいんげーむ 平成27年1月5日
1巻 1/5
メンズヤングらしい中身の無いエロ漫画。性行為に至る過程が早過ぎる。登場者の性格も物語の都合に合わせているだけで個性が足りない。


■年上ノ彼女 平成26年8月27日
1巻 2/5
夢精やインポテンツや巨乳の悩み等軽くない下ネタが目立つ。


二代目はこすぷれーやー 平成26年8月31日
1巻 2/5
凡作。実はやくざの子供、おたくネタ、仄かなエロを混ぜただけで個性が無い作品。特徴が見付からない。小さく纏まっていて弾け方が足りない。


■御石神落とし 平成26年8月30日
1巻 3/5
一応はちゃんと調べた上で描いた因習ものらしい。取り憑いた能力が強力過ぎて物語が単純に成ってしまっている。毎度同じ様な展開で全然盛り上がらないまま性行為に至っている。


海の御先 平成26年8月31日
1巻 2/5
因習もの。漫画ではよく有る展開ではあるが、初対面の観光客である主人公に対してヒロインは不自然に親切。
・小さい女教師


聖痕のクェイサー 平成26年11月16日
1巻 2/5
珍しいロシア正教会もの。内容は正統派の異能力バトル中二病。絵柄は女性作家の様。


鉄のラインバレル 平成26年11月16日
1巻 2/5
主人公はロボット物の主人公としては珍しい性格。ロボットは未だ未知の存在で数回乗っただけ。
・小学校から中学3年生迄同級生が揃って同じ学校の組に進学している。
・矢島は中学生の癖に大人びていて、死にかけているのに主人公を気にかけている。


セーラー服と重戦車 平成26年11月16日
1巻 3/5
脈絡も無く女の子部活動物に戦車を混ぜている。面白くはあるが戦車戦はあまり盛り上がらない。
・画力もコマの使い方も同人誌並。
・主人公は中学生なのにアルバイトをしていて胸も大きい。


■職業・殺し屋。 平成26年8月31日
1巻 4/5
過激なだけで物語性は薄いが面白い。
主人公は銀髪逆毛蜘蛛の刺青と『ハンターハンター』のヒソカの様。絵柄は千之ナイフ藤田和日郎を混ぜた様。


87CLOCKERS 平成26年5月6日
1巻 3/5
・技術的には基礎的な話しか描かれていない。
・変人が大勢出て来てすぐに繋がりを持っている。


ぎんぎつね 平成26年5月6日
1巻 2/5
・人間の表情がよく描けている。
・結構絵がすっきりしている。
・拗れた問題があっさり解決している。死を宣告された猫があっさり死を回避している点は納得いかない。


一騎当千 平成26年4月29日
1〜3巻 1/5
・1話目から展開が早い。何の説明も無く三国志の英雄が日本の高校に通っている。何故闘うのか、何故伝承者がみんな高校生なのか、伝承者以外の人間は戦いをどう捉えているのか説明が欲しい。喧嘩ばかりでそれ以外の人間関係が無い。
・強さが勾玉の色で判るという都合の良い仕組み。
・膀胱炎やりんご病等、些細な事を病気に結び付けている。
・話は見事につまらない。商業誌掲載程度に達していない。


■傘寿まり子
1巻 2/5
・80歳の老婆が主人公な点は斬新なのに、美形で金持ちで憧れていた男性と同居するという、恋愛漫画の雛形に嵌った都合の良い有り触れた展開は残念。


ナナマルサンバツ 平成25年9月5日
1〜2巻 5/5
・『上手に描かれた漫画』。恐らくセリフ無しでも面白いと思える。
・クイズという見知らぬ世界を魅力充分に描いていて格好良い。登場人物の個性が立っている。
・主人公はクイズの素人にしては知識が有り過ぎ。


つぐもも 平成25年6月3日
1〜2巻 3/5
・初っ端から説明ゼリフが目立つ。
・展開が早い。いきなり髪の毛に驚いて屋上から落ちてる。
・帯を毎日学校に持って行く男子中学生という設定は無理が有る。
・桐葉は中学校に潜り込む際制服は調達しているのに下着は調達していない。
・設定の説明にページを大きく消費している。語らなくても構わない説明が多い。
・生徒会長が第一話の男子生徒であるという設定は必要無い気がする。
・伏線が丁度良く出て来る。
・みんな怪異への驚きが足りない。


甘い生活 平成26年3月4日
1〜10巻 2/5
要素:下着 ラブコメ お色気
・絵が汚い。
・展開は都合が良過ぎる。お金持ちの権力者に気に入られて気ままに会社で業績を上げるというよく有る展開。
・主人公が性欲を持ち合わせていないという設定はよしとしても、月経やテニスすら知らないという設定は極端。
・一話内の展開が中途半端。一話のページ数が少ないという事情も有るが話が変な所で区切れている。単行本としてまとめて読む事を前提に物語を設計していて、例えば一つの物語が300ページ一話16ページだった場合、一話辺りの切りの良し悪しを考慮せず、単純に機械的に割り算をして一つの物語を19分割している気がする。
・ヒロインはあっさり男を乗り換えて彼氏を捨てる悪女。
・フランスの孤児のまとめ役はフランス人なのに「チャオ」とイタリア語の別れの挨拶をしている。


もやしもん 平成25年8月27日
4/5
・字数が多く1巻読むのに1時間前後要する。まるで『攻殻機動隊』の様に欄外の解説文が多い。4巻は主人公が菌を見られなく成ったという事で欄外の解説も少なく40分程度で読み進められた。
・担当のコメント等不要な文章が多い。
・単行本の2巻からは、単行本の地ののどの部分に図形が描かれている。その為ページ内側に意味を持たない黒い線が見られる。この本は電子書籍化された場合地の部分も収録するのか。
・長いセリフでも句読点が無く分かち書きばかりで読み難い。句読点を入れないという意地でも有るかの様。単語が連続している場合、単語なのか熟語なのか読み返さないと判らない。
・教授のセリフ等、小さくて読み難い字が多い。また白抜きで書かれたイベント情報等はとても読み難い。
・毎回毎回の登場人物紹介は必要なのか。単行本の初めのページに1度載せれば良いだけではないのか。
・「TALES OF AGRICULTURE」という副題の割に7割程度は酒の話。
・若者の理路整然とした持論を年寄りが別視点からあっさり否定するという展開が多い。
・単行本の欄外に「今時の大学は警察の介入を認める」という事が書かれていたが、警察の介入を認めない公的組織が今も昔も在る訳が無いのではないか。
・どうして日吉酒店は未成年で酒も飲めない結城の好きにさせているのか。
・結城が理想の酒店の説明をしようとした際「フワ」「フワ」という擬音が曖昧さの表現として使われたが、これが何を意味する擬音なのか全然理解できなかった。何故曖昧さを表現する擬音として「フワ」「フワ」という書き方を採用しているのか。
・教授の班が作る味噌の量は小規模な味噌企業並。
・メキシコの聞き慣れない酒が大学の文化祭でこんなに大量に売れるものなのか。
・文化祭で売れ残りが出た場合夜通し店を開かなければならないのなら、どの出店も保存の効く食べ物ばかりにするか販売量を絞るのではないか。材料費を要さずに手に入れられる売り上げや出店賞にはそれをさせない程の魅力が有るのか。

フランス編
・フランス編は『美味しんぼ』の様。
・さまよっている最中、日本語が堪能なフランス人とすぐに親しく成ったり、そのフランス人の実家が酒蔵を経営していたり、そのフランス人の家のその日の客が長谷川だったりと都合が良過ぎる。
・ホテルを引き払い電車に乗って移動した3人は荷物を持たず自転車を漕いでいたが荷物は駅に預けていたのか。たまたまマリーの家に来た沢木はどうして醤油を持ち合わせていたのか。
・マリーは「日本人はフランス人に、ご飯に合うオレンジジュースを見付けた、と言われて嬉しいか」と問うていたが、愛媛県の学校給食にはみかんジュースの炊き込みご飯が有る。一部の人は喜ぶ筈だ。
・長谷川はデートの時手を繋いでくれない男は嫌だ、と言っていたが子供の頃の竜太はちゃんと手を繋いでいた。
・長谷川はパリで逃げる際服を替えていたが、長谷川家に手配された人間は長谷川のいつもの格好を知っているのか。
・長谷川は今日は風呂に入らないと宣言しているが、泊めてもらうマリーの家の布団を汚してしまう事は気にしないのか。周りからは月経なのかと思われたのではないか。
・長谷川の追手からの逃げ方はおかしい。3人揃ってタクシーでマリーの所に行ってから別の町に逃げれば良いのではないか。
・マリーはニコが自分と祖父を騙していた事には腹を立てていない。酒を飲める様に振る舞わなければ成らない父の心情を汲んだからか。
・とって付けた様に竜太の苦悩が伏線も何も無しに突然書き足された。作者が竜太に同情したのか。
・長谷川はどの程度結婚を嫌がっていたのか。本気で嫌がっているなら親の金で贅沢な暮らしをせず親元から逃げる筈。
・竜太は許嫁が居るという事実が彼女を作る際にも枷に成っていたのだろうか。

登場者
・登場者はみんな若いのに博識。主人公は存在感が薄い。
・武藤はヒッチハイクで世界旅行、UFO研究部部員、ミス農大、醗酵担当代表、同性愛、酒乱、ビールに一家言有りオクトーバーフェスタを主催、と設定の密度が濃い。
・沢木は欄外で登場者の身長が紹介される際公式設定として160cmと書かれていたのに、オクトーバーフェスタの回で自称に過ぎないとあっさり否定されている。
・沢木は日吉酒店店主や汚れた部屋や病院を菌が大量に居るという理由で苦手に感じているが、ならば菌の多い農大ではなく文系大学に進めば良かったのではないか。
・結城は何故正体を隠していたのか。何故わざわざ学校の近くで働くのか。
・結城と顔の似た登場者を2人も出す必要は有ったのか。




けものの★
■Groove Tube
2/5 平成30年2月13日
・4本中3本が近親相姦。みんな初めから主人公が大好きで全員経験済み。
・妹は兄が好きな割に非処女。
・『ムチとは罪』 履いている状態のズボンをカッターで切るという行為が危なっかしくてエロが置き去りにされている。

■人身御供の緋山さん
1巻 2/5
妖怪 人外 引き篭もり 非モテ アパート
・作者の人外趣味を発揮しているが人外というより特殊能力を持った人間に見える。
・『めぞん一刻』系のアパート作品。どたばたというよりごちゃごちゃしているだけ。
・主人公と他の登場者があまりうまく噛み合っていない。回が進んでも親睦が深まっている感じがしない。
・主人公の暗い自分語りは面白く無い。
SONYに因んだPONY、い・ろ・は・すに因んだき・ろ・は・す、『ゼルダの伝説』のトライフォースに因んだトライのフォース




アメリカンコミックの感想
デッドプール
デッドプールは全体が赤く目の周りだけが黒い仮面が『世界忍者戦ジライヤ』の化忍パルチスと似ている。

ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー 平成26年10月3日
1巻 1/5
訳が堅苦しいし文字が小さくて読めたものではない。改行も機械的で読み易さに対する配慮が無い。話者の異なる吹き出しが入り乱れていてどれが誰のセリフなのか分からない。みんな口調が同じで個性が無い。28ページしかないが読んでいて苦痛。大勢の登場者がぶつ切りに言葉を語るだけで物語が全く分からない。

■ハウス・オブ・M 平成26年10月3日
1巻 1/5
強大な力を持った女の気が狂ったのでみんなで殺そうという話らしいが、この作品より先に読むべき作品が有るらしく人間関係が分からない。

デッドプール (1994) 平成26年10月3日
1巻 1/5
これはX-MENの外伝らしい。殺されても復活する男らしいが、顔は再生しない。